『セップ茸』は子豚みたいな?ヨーロッパの絶品高級きのこ。戻し汁まで濃厚です!


 
 

”セップ茸” はポルチーニのフランス語。

 
 
ポルチーニは言わずと知れたヨーロッパの高級キノコ。
香り高く特に海外で人気のキノコで、最近は秋になるとファミリーレストランでもよくその文字を目にします。
日本での ”マツタケ” 的なヨーロッパの王様キノコです!

そのポルチーニのフランスでの呼び名が“セップ茸”です。

①『セップ茸』は子豚みたいな?ヨーロッパの絶品高級きのこ。戻し汁まで濃厚です!

ちなみにポルチーニの語源は『子豚たち』という意味だそうで、見た目が子豚に似ているからとのこと。
なんか親しみ湧きますね!

日本では乾燥スライスでの流通が多いのでその全形を見ることはあまりありませんが、
ぷっくりどっしりしていて形もきのこらしく、とてもかわいいキノコです。
 
 

セップ茸を買えるところは?

 
 
セップ茸は今のところ人工栽培できないキノコです。
ですのでフレッシュ(生)が獲れる時期は限られており、日本で入手できる機会は少ないです。
輸入のフレッシュはめったにお目にかかれません。

ですが僕は新宿の伊勢丹さんでフレッシュポルチーニを偶然見かけ(運命の出会い?!)
買った事があります。全くチャンスが無いわけではありません。

見かけることがあったらぜひ買って食べてみて下さい!

基本的には輸入品の冷凍か乾物が入手しやすいです。
楽天市場さんなどで検索すれば沢山出てきました。(楽天市場 ”セップ” ”ポルチーニ” 検索結果

六本木にあるディーンアンドデルーカさんやPrecceさんでも乾燥ポルチーニとして売っているのを確認済みです。
(平成25年9月4日現在)

②『セップ茸』は子豚みたいな?ヨーロッパの絶品高級きのこ。戻し汁まで濃厚です!
 
 

乾燥セップ茸の戻し方

 
 
乾燥セップ茸はぬるま湯で戻して使います。
ひたひたのぬるま湯に10~15分程度つけて戻してください。

③『セップ茸』は子豚みたいな?ヨーロッパの絶品高級きのこ。戻し汁まで濃厚です!
POINT:セップ茸を戻した汁はとても濃厚な味と香りが溶け出しておりますので調理にうまく利用して下さい。
ただし天然物なので汁に砂などが混じっている可能性があるので底に溜まった残り汁は捨てる事!

④『セップ茸』は子豚みたいな?ヨーロッパの絶品高級きのこ。戻し汁まで濃厚です!
 
 

『セップ茸』、のまとめ

 

①セップ茸とはポルチーニのフランス語。ポルチーニの語源は『子豚たち』かわいいですね!
②セップ茸は乾燥や冷凍が入手しやすいですがフレッシュもタイミングが良ければ出会えるかも。
③乾物セップ茸はぬるま湯で10~15分ひたし戻して使う。
④戻し汁は美味しく出し汁として使えますが、底に残った最後の残り汁は捨ててくださいね!

 
 



関連商品