きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。



 
 

きのこ栽培キット『CTAKEO』栽培進捗のご報告!

 
 
以前の記事で紹介させていただいた銀座の椎茸栽培キット『CTAKEO』。
全力で栽培を頑張った甲斐もあり、無事収穫できました!
 
 

ほら!

①きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。
 
 

ほら!!

②きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。
 
 

ほーら!!!

③きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。
 
 
どっさり生えました。
 
 
何を頑張ったかというと・・・実はなにも頑張って無かったり!

基本的に1日1回霧吹きで水をあげるだけ。
あとはビニール袋に入れっぱなしにしているので、菌床が乾かずに椎茸が成長します。
 
 
あ、あと椎茸が沢山生えてくるために”やった方が良い事”を発見しましたので紹介致します。

それは

『菌床に挨拶すること』

 
です。
 
 
・・・ウソみたいな話ですが本当です!!
今回3つ菌床を栽培したのですがその中で1個だけ極端に多く椎茸が生えたんです。

『なんでかなー?』って思ってたんですが、どうもその菌床を置いていた棚の隣の席の吉平が毎朝『おはよー』と声を掛けていたらしいのです。
 
 
<きのこ問屋バイオコスモ 惣菜工場長の吉平>
④きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。

そういえばきのこが良く育つように、きのこ栽培中に音楽を聞かせている生産者さんがいたな。。
 
 
”挨拶”ってする方もされる方も気持ち良いですもんね!
きっと椎茸くんも一緒なんだと思います。
 
 
という事で、椎茸栽培する際は朝『おはよー』帰ってきたら『ただいま』と声を掛けてあげてください。

そうすると椎茸がたくさん生えるかもしれませんよ。
(信じる、信じないはあなた次第です!)
 
 

椎茸ぐんぐん。キノコ栽培、定点観測動画

 
 
今回せっかくの機会なのでやってみました。

椎茸栽培の定点観測!

 
 
オフィスの片隅でこんな感じで。

⑤きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。

定点観測には『レコロ』というカメラを使いました。
安いのに結構使える。
そして足がかわゆいんです!

楽○市場さんで6,930円(送料込み)でした!

⑥きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。

どのくらいの間隔で撮影するか、1秒に何コマ再生するか、設定できます。
今回の椎茸栽培の動画は30分毎に1コマ撮影、1秒間で24コマ再生に設定しました。

ばっちり撮れたので公開させていただきます。
それでは動画、いってみよー!
 
 

【椎茸栽培キットの定点観測動画! 椎茸がぐんぐん伸びていく様子】


 

POINT:動画を見ているとなんだかぐんぐん大きくなっている時間帯成長がぴたっと止まる時間帯があります。
なんだろう?と思って調べてみましたら、きのこ問屋のオフィスは昼間、人がいるので暖房をつけている為椎茸の成長が早く、夜は暖房を切って寒いから成長が止まっているようなんです。

 
 
なるほどなー。
定点観測してみたことで、意外な勉強になりました!
 
 

きのこ栽培キットCTAKEO、収穫の仕方

 
 
CTAKEO、椎茸が大きくなってきたので収穫いたしました。
すみません、なんかテンションが上がってしまい(?)、動画で説明を試みてしまいました!
 
 

【しいたけ栽培キット 収穫の仕方】


 
 
こんなに採れました。
よっしゃー!

⑦きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。
 
 

子どもも大喜びのきのこ栽培。食育にも!

 
 
パックで売られている椎茸しか見たことが無いっていう子どもの方が普通の時代。
どうやって椎茸が生えてくるのか、出来れば見せてあげたいものです。

それに自分で収穫すれば、よりきのこが美味しいってもんです。
 
 
ということで息子に収穫してもらいました!
 
 
『えー、これとれるの?』

⑧きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。
 
 
『どーれどれ。』

⑨きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。
 
 
ぽんっ!

『とれた。』ニヤリ

⑩きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。
 
 
よし、ポーズだ!
びよーん。

⑪きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。
 
 

きのこ栽培をやってみて。

 
 
椎茸栽培キット『CTAKEO』、無事収穫まで至りました。
 
基本的に、

ほっといても椎茸は生える!

⑭きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。

ビニール袋に入れておけば正直2~3日くらい水やりを忘れても大丈夫でした。(忘れたんかいっ!)
 
 
気をつけなければいけないのが、寒い冬に栽培する時は暖房のある部屋で栽培する事。
暖房の無い部屋だとまったく椎茸の芽が出てきませんでした。
3週間様子を見て暖房のある部屋に移動したところ無事椎茸が生えてきました。
 
 
【椎茸の芽】
⑫きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。

それさえ気をつければ大丈夫、露木でも栽培できます!
 
 
そして、とっても癒されるんです!

オフィスに置いておくとみんなが足を止め毎日ぐんぐん成長する椎茸を愛でていきます。
吉平は挨拶しちゃうくらい可愛がっていましたし。

これさえあれば冷え切った夫婦間でも会話が弾む事間違い無しです!
 
 
ちなみにきのこ問屋オフィスでは1回目を収穫した菌床で2回目の栽培に挑戦中です。
上手い人は3回位収穫出来るそうな。

⑬きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。

次回は”もぎたて椎茸の美味しい食べ方”をご紹介したいと思います。
乞うご期待!
 
 

きのこ栽培キットCTAKEO栽培進捗報告、のまとめ

 

①栽培中に声を掛けてあげれば椎茸がたくさん生える、かも?!
②冬の栽培は暖房をつけている間に椎茸がぐんぐん成長し、止めている間は成長が止まる。
③お子さんの食育にもおススメです。楽しいです!
④基本的にほっといても椎茸生えます!簡単でした。
⑤そしてとっても可愛くて癒されます!

 
 
 

≪おまけ≫

椎茸栽培 豆知識『菌床栽培と原木栽培って何?』

 
 
椎茸の栽培方法には大きく分けて”菌床栽培”と”原木栽培”というものがあるのをご存知ですか?
それぞれ栽培方法の違いを簡単にご紹介します。
 
 

原木栽培とは。

原木椎茸は昔ながらの栽培方法で、切り倒した木に椎茸の種コマ(椎茸菌を繁殖させたコルクの様な物)を打ち込み木から椎茸を生やします。
 
 
こういうのです。
⑮きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。

木を切ってから椎茸が収穫できるまで、なんと2年もかかります!
ホダ木(原木)は太さも重さもまちまち、一抱えもある原木を栽培工程により何度も移動します。
非常に重労働。
 
 
椎茸栽培の為に木を伐採するわけですが決して環境破壊ではありません。
むしろ森林を守る農業だと言われています。

適度に木を切ることで森に日光が入り新しい木の芽を育て、椎茸栽培に使った原木は椎茸菌に分解されまた土に戻ります。
植物の固い細胞壁を分解できるのは、きのこ達一部の菌類だけということを知っていましたか?

原木椎茸栽培は今後も残していきたい循環型農業なんです。
 
 
余談ですが原木椎茸の産地はロケーションが良い所が多いです。
お伺いする度心が洗われます!
⑯きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。
 

原木の種類

日本全国で行われている原木栽培ですが、地域により椎茸栽培に使う原木が違うんです。

北海道から東北は、ミズナラ。
関東~関西位までは、ナラ。
中国・四国・九州は、クヌギ。

その他にもサクラ、アベマキ、シイなどを使う事もあります。
 
 
どの原木を使うかによって栽培の仕方や生えてくる椎茸の味・香りが微妙に違うんです。
それにしても桜の木の原木椎茸なんて興味津々ですよね!
 
 

露地栽培とハウス栽培

また原木椎茸でも露地栽培ハウス栽培があり、それぞれ特徴が違います。
 
 
ハウス栽培はその名の通りハウスの中で椎茸を栽培します。
当然雨や雪、風を防げる利点と暖房などを入れれば温度などにもあまり左右されず比較的安定して椎茸が栽培できます
 
 
一方露地栽培はその名の通り山の斜面や林内などで栽培する方法です。

天候の影響をもろに受けるため、出荷は不安定になりがち。
露地栽培では生椎茸としての通年安定出荷は難しいです。

ただ冬などはとても立派な椎茸が生え、干し椎茸としては高級品になりやすいです。
 
 
風があたり乾燥してカサにひびが入りとてもきれいな模様が出ている露地栽培の原木椎茸。
⑰きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。

主に干し椎茸にして出荷する用の露地栽培と、生椎茸で出荷する用としてハウス栽培、となんとなく分けられます。
 
 

菌床栽培とは。

オガクズと米ぬかなどの栄養源をブロック状に固めた”菌床”に椎茸の菌を繁殖させて栽培する方法です。

銀座のきのこ栽培キット『CTAKEO』も菌床栽培になります。

⑱きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。

原木栽培に比べ、栽培期間がなんと1/8の3ヶ月!(原木は2年かかる)
また、重い木を運ぶ原木栽培に比べ、菌床は軽いので作業性が良いのが特徴です。
大量生産に向きハウス栽培規模~大型施設で1日数トンもの椎茸を毎日収穫している”マンモス生産者さん”もいます。

今日、いつでも椎茸が食べられるのは菌床栽培技術のおかげと言えると思います。
 
 

菌床ブロック、いろいろ

さて、椎茸を栽培するための菌床ブロックですが生産者さんによっていろんな形があるんです。
いくつか紹介します。
 
 
【直方体】
⑲きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。

CTAKEOですっかり見慣れた直方体の菌床。
6面あるどの面からも椎茸が生えます。
下から生える”はぐれ組”も。
露木的にはこのタイプの菌床が一番多いのでは、と思います。
 
 
【縦型円筒系】
⑳きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。

この形も良く見ます。
直方体の菌床より小さめで面積当たりの栽培効率は良いのかもしれません。
 
 
【横型円筒形】
21きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。
中国ではこの形の菌床が多いみたいです。
 
 
【直方体】(上面栽培)
22きのこ栽培キット「CTAKEO」が簡単で楽しい!にょきにょきキノコ栽培の進捗報告。

こちらは直方体の菌床ですが、わざとビニールを残し上面からのみ椎茸が生えるようにしています。
ビニールで保湿効果が高いのと上面からしか生えない為作業効率が良く、また一気に菌床の栄養を使いきらない為、1つの菌床で長い間収穫出来るんだとか。
 
 

菌床椎茸と原木椎茸、どっちが良い?

栽培方法が両極過ぎるため、きのこ業界では時々『原木椎茸と菌床椎茸、どちらが良い?』という議論が起こりますがどちらも利点もあれば弱点もあります。

それぞれに”役割”があり、結局どちらも必要な物なのだと思います。

 
 



関連商品