生きくらげの調理法は『30秒湯通し』が簡単。ゼラチン質のプルんとした歯触り&噛むとコリコリです!


single-enoki-diet
 
 

生きくらげは必ず加熱して食べて下さい。

 
 
『きくらげって乾燥なら使い方分かるんだけど、生きくらげってどう食べればいいの?

という方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

①生きくらげの調理法は『30秒湯通し』が簡単。ゼラチン質のプルんとした歯触り&噛むとコリコリです!

”生”って名前についてるため生のまま調理に使えるのではと思われがちですが、だめなんです。
生きくらげは必ず加熱してお召し上がり下さい。

スープや炒め物に使う場合は調理過程で加熱できるのでいいですが、酢の物やサラダに使って頂く場合、生きくらげの加熱方法についてご案内します。
 
 

生きくらげの”湯通し”加熱方法

 

①生きくらげをザルに入れて沸騰したお湯に30秒通します。

コレが ”湯通し” です。

POINT:生きくらげは沸騰したお湯に30秒湯通しで十分加熱出来ます。

①沸騰したお湯を用意して
②ザルに入れた生きくらげを投入
③30秒経ったらあげるだけ!

 

②生きくらげの調理法は『30秒湯通し』が簡単。ゼラチン質のプルんとした歯触り&噛むとコリコリです!

②流水で冷まして調理に使います。

③生きくらげの調理法は『30秒湯通し』が簡単。ゼラチン質のプルんとした歯触り&噛むとコリコリです!

③用途に合わせて包丁でカットして使います。

今回はサラダのトッピング用にスライスしました。
 
 

サラダにすると、生きくらげの食感が美味い!

 
 
サラダに湯通しした生きくらげをトッピングして試食してみました。
④生きくらげの調理法は『30秒湯通し』が簡単。ゼラチン質のプルんとした歯触り&噛むとコリコリです!

生キクラゲの売りは何と言っても”食感”です!
野菜と一緒に食べても生きくらげはとても存在感あります。

口に入れると最初はゼラチン質のプルんとした歯触りが・・・だけど噛むとコリコリした弾力が返ってきます。
乾燥きくらげを戻したものだとこの歯触りと食感は出ないんです!

カットした断面を見てみると中にはゼラチンのような物がいっぱいです。

⑤生きくらげの調理法は『30秒湯通し』が簡単。ゼラチン質のプルんとした歯触り&噛むとコリコリです!

美味しくてあっという間に食べ切っちゃいました!
 
 
他にも生きくらげを30秒湯通しした後、

○きくらげ刺身風 酢醤油掛け
○きくらげの酢の物

等の料理に利用できます。
 
 
どれも簡単にできますので、ぜひ挑戦してみて下さい。
 
 

生きくらげの調理法、のまとめ

 

①生きくらげは必ず加熱して食べる事!
②酢の物やサラダに使う場合は『30秒湯通し』が簡単。
③生きくらげは食感が美味しいキノコです。

 
 

生きくらげはこちらのお店で買えました。(2013年9月9日現在)

そらの通販
 
 



関連商品