キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】 夏のきのこを盛り上げよう!


 
 

~ここまでのあらすじ~

 
 
【前回の記事】夏のきのこを盛り上げよう!きのこアイスの作り方。
 
夏のキノコ業界はとても厳しい。
それはキノコが春~夏、特に夏に売れないからです。

(この時期から夏の話?気が早い!と思われそうですが、きのこ栽培は仕込みから収穫まで2~4か月かかるため、今から考えていく必要があります。)

夏は市場にキノコが余るため単価はどん底で作っても作っても赤字。
売っても売っても赤字になってしまいます。

②夏のきのこを盛り上げよう!きのこアイスの作り方。

だから夏のキノコ業界を盛り上げるキノコ企画が欲しい!

それがきのこのじかんの使命だと考えています。
 
 
どういう企画を打ち出すかミーティングを重ねるうちに、長崎の生産者さんの事例からキノコでアイスを作ってみようと盛りあがりました。

試しにエノキ味のアイスを作ったところ、なかなか好評。
どうせなら選び抜いたキノコたちでキノコアイス選手権を行ってはどうだろう?

名付けて『キノコアイス杯!』

そんなこんなで、キノコ業界がこれから迎える”恐怖の夏”を打開すべく、第1回キノコアイス杯を開幕するはこびとなったのでした。

 
 
 

選び抜かれたアイスにする”キノコ”達

 
 
前回の作り方ならどのキノコでもアイスに出来ます。
ではどのキノコでアイスを作ろうか?

きのこのじかんチームでミーティングを開き、真剣に5種類のキノコを選びました。

それでは出走菌の紹介です!!選抜理由と共にご覧ください。
 
 

【出走菌の紹介】

きのこ名の後の()内は予想屋 露木の予想です。

=本命菌 =対抗菌 △=中位菌 ×=大穴菌)
 
 
 
~日本代表きのこはオレだ!~

しいたけ(

 
 
今回のアイス企画のきっかけになったのも”しいたけソフトクリーム”だった。
日本を代表するきのことして、ぜひ上位に食い込んでもらいたい!
期待を込めての対抗菌予想。

①キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

【選考理由】
○日本では栽培の歴史も古く、一番身近に感じられるキノコと言えばこの”しいたけ”だろう。日本代表として選考。
○今回はよりしいたけ感が出るよう味・香りともに評価の高い、大分県産の原木栽培しいたけを使用。
○ダシ取りにも使う、キノコらしい風味が良く出るキノコ。それが吉と出るか、凶と出るか。
 
 
 
~楊貴妃が愛した絶世の美菌~

白きくらげ(

 
 
国内で流通する白きくらげはほとんどが中国産で国産はかなりの貴重品
って、それをアイスにしていいのか?!
保湿効果が高くミネラルも豊富。美容に良いとされ楊貴妃にも愛されていた、元々スイーツに良く合うキノコ。

《参考記事》
美肌の食べ物、白キクラゲとココナッツミルクの温スイーツ。あま~い♪

②キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

【選考理由】

○デザート食材としても使われるキノコで今大会の本命菌。
○過去に温デザートを作った時もとても美味しく、デザートには合うだろう。
○栽培が困難で日本国内での栽培はほぼ無い。今回は試作段階の国産白きくらげをキノコ問屋の仕入れルートを駆使し少量ながら入手した。
 
 
 
~黒船襲来!~

ポルチーニ(△)

 
 
ヨーロッパの王様きのこが緊急参戦!!
高級感のある香りが日本キノコ勢に襲いかかる!

③キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

【選考理由】

○海外のきのこでも試してみたい、ということから海外で愛されているポルチーニを選考。
○高級な『きのこの王様』、主にヨーロッパで愛されている。
○松茸と同じく菌根菌(きんこんきん)のため、現在のところ栽培ができない。
○独特の香りが強く、アイスの甘みにマッチするかがポイント。
 
 
 
~紅一点、ピンクのキノコ!~

朱鷺色(トキイロ)ひらたけ(△)

 
 
ピンク色が美しいトキイロヒラタケは、彩りキノコの代表として参戦。
新潟県の鳥、”朱鷺”の羽の色に似ているころから”朱鷺色(トキイロ)ヒラタケ”と言います。
(ちなみに、このトキイロヒラタケは長野県産です。)

④キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

【選考理由】

○彩りきのこの代表として選抜。アイスの色に影響するか。
○ピンクのトキイロヒラタケか黄色のタモギタケか迷いましたがタモギタケは過去の実験結果から、おそらく色落ちが予想されるため、加熱してもピンク色が残るトキイロヒラタケを選抜。
 
 
 
~”大穴”だけど粘り腰が信条!~

なめこ(×

 
 
ねばねば成分”ムチン”が粘膜を保護し、水溶性食物繊維も豊富で実は美容にも良いキノコ
しかしそのネバネバがアイスにマッチするのか、どう考えても大穴・・・
アプリで大ブレイクのなめこ、アイスでもブレイクなるか?!

⑤キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

【選抜理由】

○夏の需要が特に低迷しやすいキノコ。食べ方が”味噌汁”に限定されやすいため、いろいろなレシピの開発が急務。
○しかし、ネバネバがアイスに合うかは未知数。
○きのこのアイスについていろいろ調べると、過去にマスコミでナメコアイスが取り上げられた事があるらしい。
 
 

第1回 キノコアイス杯 準備の様子

 
 
着々と”第1回 キノコアイス杯”の準備は進み3月19日(水)に無事開催できました!
準備の様子をダイジェストでご紹介します。
 
 
製氷器で固めたアイスを取り出していきます。(アイスの作り方は前回の記事参照)
さすがに氷の様にパキパキっとは外れないので、フォークで取り出しました。

⑥キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

キノコアイス杯の日に『きのこ問屋ってどんなところ??』と興味を持っていただき取材に来ていたデイリーポータルZの記者、古賀さん。

以前、古賀さんが『舞茸で魚肉ソーセージを崩壊させる!』というきのこ系記事を書かれた時にやり取りさせて頂いた事がきっかけで”キノコ専門の卸問屋ってなんぞや?!”と興味を持っていただき取材に来て頂きました。
 
 
古賀さん、何故かキノコアイスを抜き出す作業を手伝わされています。

⑦キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

キノコ以外のベースは全く同じアイスです。
でもキノコによって色味や固さに差が出ます。

左:白きくらげは色がチーズっぽい。
右:なめこはクッキーみたい!

⑧キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

キノコ問屋の応接室をキノコアイス杯の投票所にしました。

⑨キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

投票ルールを掲示。

⑩キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

5種類のキノコフレーバーを好きな順に食べてもらいます。

⑪キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

さて、準備も万端。
キノコアイス杯、スタートです!
 
 

第1回 キノコアイス杯|優勝するのはどの菌だ?!

 
 
それでは投票の様子もダイジェストで。

まずは社長が開催宣言を行い、アイスに加工したキノコの解説と選抜理由・投票ルールを露木から熱く紹介しました。

反省点⇒もうちょっと社内で事前通知をしておけばよかった・・・事務仕事中の事務員さん、若干ポカーンという感じでした。

⑫キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

みんなでワイワイ試食してしまうと他の人の意見に左右されやすくなってしまう為、少人数ずつ会議室に来てもらい試食・投票しました。
 

POINT:

【投票ルール】

①一人一回、一票のみ。
会議室で一人ずつ投票していただきます。

②5種類のアイスを試食後、投票用紙の最も美味しかったキノコアイスに○をつけ投票箱に入れます。

③同数の場合は同順位となります。

 
 
悩んでる古賀さん。

⑬キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

左:へー、思ったより悪くないわね、って感じの事務員 内山
右:クールに試食する萩原課長

24キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

一番美味しかったキノコアイスに一票を投じてもらいます。

⑯キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

優勝したきのこの生産者さんに贈るトロフィーも用意。
本気です!!

⑰キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!
 
 

露木の不安・・・

 
 
実は露木にはキノコアイスを作っている時に気付いてしまった”ある不安”がありました・・・
それは『海外のキノコも試してみたい』と言う事で招集したビッグネームの黒船、ポルチーニについて。

ポルチーニは菌根菌(きんこんきん)で今のところ栽培できないキノコ
つまり生産者はいません。

そもそも”キノコアイス杯”は、日本の夏、キノコ業界が低迷しているからそれを打開するチャレンジとして企画しました。
これって万が一ポルチーニが優勝したら、日本のキノコ界の為になるのか?
 
 
まあ、でもポルチーニが優勝するとは限らないし・・・。
とりあえず様子を見守ろう。
 
 

キノコアイス杯 結果発表!

 
 
そんな露木の不安をよそに滞りなくキノコアイス杯は進み、開票⇒結果発表の運びとなりました。
この時点まで来るとみんな事情が分かってきて、事務所も盛り上がっています!
 
 

それでは、キノコアイス杯 結果発表です。

 
 

5位  しいたけ  1票

日本代表しいたけ、まさかの最下位!!
良くも悪くも風味が強かった事が原因でした。
長崎県の生産者さんはしいたけを乾燥チップ状にしてトッピングとしてソフトクリームに振りかけていましたが、その使い方が正しかったと思います。
 

【感 想】

・しいたけ感が出過ぎて、好きな人は好き、嫌いな人は嫌い。
・もっと良いダシのとり方をすれば結果は変わったのでは?
・アイスに練り込むのではなく、サンエスファームさんの様にチップ状しいたけを降りかけた方が良い。
 
 
 
3位は同着キノコが2つでした!

3位  トキイロヒラタケ  2票

さすがにピンク色のアイスにはならなかったものの、ピンクの粒々がかわいいアイスになりました。
さっぱりした風味で評判は良かったです。
 

【感 想】

・一番アイスにフィットしていた。
・その一方、きのこ感が少なかった?
・くどくなくさわやかな酸味。
 
 

3位  白きくらげ  2票

露木の本命菌予想だった白きくらげは3位に終わりました。
コリコリした食感が美味しいとポジティブな意見が多かったですが、逆にアイスの味がストレートに出過ぎて、キノコっぽさが少なかったようです。
 

【感 想】

・白きくらげ自体は味があまり無く、アイス感が強かった。
・ナタデココの様なコリコリした歯応えが良い。
・その食感が気になってしまったと言う人もいました。
 
 
さあ、後は1位と2位の発表を残すのみ。
残ったのはなんと”大穴”予想のなめこと、露木の悩みのポルチーニ!

それでは発表です。
 
 

2位  なめこ  4票

大穴予想からの巻き返し、なめこが堂々の2位!すごい!!
なめこの粘りがアイスに程良い柔らかさを与え、トルコジェラートの様な食感を再現。
また、意外に味もバニラアイスにフィットしました。
 

【感 想】

・和のイメージが強かったのに風味がアイスによく合っていてギャップにやられた。
・まさにマリアージュ!
(マリアージュ⇒フランス語で結婚、ワイン用語では互いに香りや味を高め合う組み合わせ・・・ということらしい。)
・トルコジェラートの様な粘りが面白い。
 
 
という事で、第1回キノコアイス杯、優勝に輝いたのは!!!!

⑱キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

黒船ポルチーニ!!

あ、やばい。。不安的中。。
 
 

優勝  ポルチーニ  5票

 
海外で愛されている王様はやっぱり強かった!
感想では”カラメル”や”ナッツ”などのフレーズが並び、その香ばしさが際立った事が感じられます。
高級感を醸し出したアイスが出来ました。
 

【感 想】

・ナッツの様な香ばしさが美味しい。
・高級プリンのカラメルアイスの様だった。
・大人のアイス感。ハー○ンダッツの新フレーバーで出せるレベル。
・乾物を使ったのが逆に良かったのでは?

⑯夏のきのこを盛り上げよう!きのこアイスの作り方。
 
 

ポルチーニ = レジェンドだった。

 
 
という事で、露木の不安は的中してしまいました。

でも露木も食べて、やっぱり”ポルチーニアイスは美味しい”と感じました。
この結果は受け止めなければいけません。

ポルチーニは、Jリーグで言うところのジーコやピクシーやフォルランなんだろう。

ポルチーニの栄誉を素直に認め、ポルチーニを超えられる日本の逸材菌を見つけだし、スカウトしようと心に強く誓おう。
 
 
・・・で、この結果を受け止めたうえで、今回は2位の日本のきのこ、なめこの生産者さんにトロフィーは送ろう!
(記事を読んだ皆さんに納得して頂ける事を願うばかりです!)

⑲キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!
 
 
という事で、トロフィーを送った生産者さんから後日写真を頂きました!

長野県のなめこ生産者、浦山さん。
後ろにあるのは木島平の山です。

25キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

なめこ工場の前から見える木島平がとてもきれいで、お伺いするのが楽しみな産地のひとつなんです。

トロフィーを送る旨を電話した時は面食らっていましたが説明するとだんだん納得していただけました。
浦山さんのなめこを使ったアイス、美味しかったです!
 
 

キノコアイスを作ってみて。所感。

 
 
今回はキノコアイスという一見突拍子もない企画に突き進んでしまいましたが、これはキノコ問屋としてもやって良かったと実感しています。

同じベースのアイスにキノコを混ぜ込むと、キノコの種類のよってアイスの味も食感も見た目も変わります。

キノコ感が際立ったものもあれば、食感が楽しいキノコ、キノコ問屋ですら予想できなかった意外な風味でアイスとフィットしたキノコ。
特に1位のポルチーニや2位のナメコは商品化も検討出来る素材だと思います。
 
 
やってみないと分からなかった事が沢山。
この発見が夏のキノコ業界を盛り上げるきっかけになることだってあるかもしれない。

これからも、きのこのじかんではいろんなチャレンジを続けていきたいと思います。

皆さんもぜひ美味しいので今年の夏、キノコアイス試してみて下さい!
 
 

キノコアイス杯、のまとめ

1.夏のきのこ業界は苦しい。。”夏のキノコ”企画としてキノコアイス杯をやってみる事に。
2.優勝はポルチーニ!香ばしさ感じる、大人のアイスが出来ました!
3.国産きのこではナメコが1位。トルコジェラートの様な粘りが楽しいアイスに。
4.きのじかでは今後もいろいろな”夏のキノコ企画”に挑戦する事を誓います!

 
 

予定は未定ですけど・・・

きのこ問屋のバイオコスモは湘南にあるので(伊勢原はギリ湘南です!・・・よね?)、出来れば夏、海の家でキノコアイス売ってみた!!なんて企画が実現したら楽しそうだと考えています。
アイス加工をしてれる工場orアイス屋さんを探さねば!

乞うご期待!
 
 

おまけ①

 
2位になったナメコ生産者さんとの会話内容。
結果発表直後に電話したため、露木は若干興奮気味でした。
 
 
トゥルルル、トゥルルル、ガチャ。

露木『浦山さん、おめでとうございます!!』

⑳キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

浦山さん『は、はぁ。』

露木『先ほどまで行われていたキノコアイス杯で、見事浦山さんのナメコが2位になったんですよ!』

浦山さん『2位ですか。喜んでいいのか、悲しんでいいのか。。はは(乾いた笑い)』

露木『ポルチーニが優勝したんですけど、ポルチーニは生産者さんがいないので次点のナメコを生産した、浦山さんにトロフィーを送りますね!
でちょっと社長に変わってお祝いの言葉を』

社長『浦山さん、いやー、おしかった!だけど2位、おめでとうございます。
いろんなキノコでキノコアイスを作って社員で投票したところ、ナメコが2位だったんですよ』

21キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

浦山さん『あ、そうなんですか。ありがとうございます!(だんだん事情が呑み込めた感じ?)』

社長『ナメコはアイスに合いますよ。ところで勝因は?』

浦山さん『勝因は、俺の魂がこもったナメコだから。ですかね!フフ(きっと電話の向こうで決め顔してるだろう)』

kinoko-ice-cup26

社長『おお、言いますねぇ!』
 
 
思えば、今まで生産者さんに感謝こそすれ、生産者さんを表彰する機会なんてありませんでした
小さい小さい賞ですが浦山さんに喜んでいただき、こういった取り組みも今後増やせると良いな、と思いました。
 
 

おまけ②

 

~祭りの後~

22キノコアイス選手権【第1回キノコアイス杯】夏のきのこを盛り上げよう!

という雰囲気を醸し出した和田の写真でキノコアイス杯、締めくくりたいと思います。
 
 

おすすめ!:<美味しいきのこスープの取り扱いを開始しました!>
きのこ問屋がつくった本気の「きのこスープ」です。是非ご賞味ください。
きのこ問屋のこだわりきのこスープ2種セット
マッシュと玉ねぎのブラウンスープ
えのきすっきりミルキーポタージュ


関連商品