きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。


 
 

世界遺産登録の富士山できのこ狩り!

 
 
今年6月、日本一の富士山は世界文化遺産に登録されました。
おめでとうございます!

きのこ問屋のある神奈川県伊勢原市からも富士山が見えます。
冬の朝の澄んだ空気の中や、夕暮れに佇む青い立ち姿に感動します。

①きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。

昔から信仰の山として人々に崇められ、現在も日本中の人から親しまれている富士山。
そんな富士山で、実はきのこ狩りを楽しむ事が出来るんです!

9月下旬、高校の同級生できのこ狩りでは大先輩の”きのこ軍曹”(自称です!)さんと富士山にきのこ狩りに行ってきましたので、皆様が今後きのこ狩りに行く際の参考になるようガイド気取りでご案内致します。
 
 
※最初は出来るだけ富士山に詳しい人、何度もきのこ狩りに行った事のある経験者と同行してください。

露木が空いてれば露木まで。
 
 

きのこ狩り、まずは準備が肝心!”備えよ常に”です。

 
 
きのこ狩りの前にまずは準備が肝心です。
前日には全て揃っているよう持ち物をチェックしましょう!

②きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。

【持ち物】(便利なチェックリスト付き!)

きのこ狩り持ち物 チェックリスト (←クリックでpdfのチェックリストが開きます)
 
 
□カゴ(腰につけられたり、肩から下げられるもの)
□ナイフ
□軍手
□新聞紙 朝刊2日分位
(山で座る時に下に敷いたりきのこを整理する時に便利です!)
□ビニール袋 5枚
(カゴが一杯になってしまったら、種類ごとにビニール袋に入れてリュックへ)
□タオル
□アメ ・チョコレート(お菓子は300円まで。休憩時につまもう!)
□飲み物
□リュック(手がふさがらないように、リュックがおすすめ)
□小銭:100円玉(5合目のトイレは有料です。1回200円)
□メモ帳
□カメラ(美しいきのこの写真をパシャパシャと!)
□きのこ辞典(ハンドブックタイプ)
 

【服装】

□長袖の服
□上着
□長ズボン
□登山靴
□丸メガネ
 
 
恰好はこんな感じ。(ださーい。とか言わない!服の趣味は元からです。)
③きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。

カゴは手がふさがらないように、腰につけられるものが良いです。
露木は100円ショップのカゴとベルトで自作しました。

④きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。

またきのこ狩りの日の富士山の天気予報をチェックしましょう。
山の天気が悪い場合は非常に危険ですので、残念ですが後日に延期を検討しましょう。
 
 

いざ世界遺産、富士山へ!

 
 
体調ばっちり、持ち物ばっちり、天気ばっちりか確認したらいざ富士山へ!

おすすめのルートは須走口から”ふじあざみライン”を通って須走口五合目に行くルート。

⑤きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。

□地図をクリックでGoogle Mapが開きます。

※夏の期間(2013年は7月12日~9月1日の金・土・日・祝日)はマイカー規制があります。
マイカー規制中はシャトルバスを利用しましょう。
詳細は静岡県公式HPで
 
 
『須走口五合目』から通常の富士山登山道とは別に『小富士』というスポットまで20分位の遊歩道があり、その遊歩道がきのこ狩りの拠点になります。

まずは体を慣らすため小富士まで歩きましょう。
こちらはほぼ平坦でさほど疲れずに散歩気分で歩けます。

その遊歩道から外れ少し登ったり下ったりすると、きのこ狩りスポットとなります。
※遊歩道から離れすぎないように注意しましょう!
 
 

きのこを採る時の手順とマナー。

 
 
キノコ狩りの手順とマナーを順を追って説明します。
 
 
①まずは歩きながらきょろきょろと、きのこを探します。
木の枝がうっそうとしているところ、コケがいっぱい生えて湿っているところ。
意外なところにポツっときのこが生えていたりします。
 
 
②きのこを見つけたらまずは観察!

『なんていうキノコかな~。』

なんて思いを巡らせながらきのこを見て愛でます。
かわいいキノコだとズキュンっ!ときます。

⑥きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。

③一通り見回したら写真を撮ります。
時には良いショットを撮る為に地べたに這ってパシャパシャと、気が済むまで撮ります!
 
 
④いよいよ収穫します。

きのこ軍曹さんに採り方を実践してもらいました。
 
 
きのこの採り方の基本は地表すれすれでナイフで切ります。

⑦きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。

土をほじらなければ採れない場合は極力小さい穴を開けきのこを採ります。
その後石突の部分(軸の先端の食べられない部分)を切り取り、掘り出した土と一緒に元に戻しましょう。

⑧きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。
 

POINT:出来るだけ土の中の菌糸を傷つけないように、来年もまたきのこが生える事を願いながら大事に収穫します。
マナーを守れば来年もその場所からきのこが生える可能性があり、毎年きのこ狩りが楽しめます!

 
 
このきのこは露木のお気に入り『オオキノボリイグチ』くん。今年も会えましたー!
でっかくてカサの模様が可愛いいのがお気に入りポイント!

⑨きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。

きのこ狩りを終えまして。4時間ほど山の中を歩き回りました。
 
 
露木の採ったきのこ。イグチ(猪口)という種類のきのこが多かったです。

⑩きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。
 
 
きのこ軍曹さんの採ったきのこ。

どっさり!

⑪きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。

うーむ、やっぱりきのこ軍曹さんはすごい。露木の1.5倍くらいあるでしょうか。
さすが先輩!
 
 

毒きのこが混ざっていないか、きのこの鑑定!

 
 
採取したきのこは自信が無い限り、必ず鑑定してもらいましょう。

富士山には毒きのこも生えていて、またきのこは成長すると色や形状が変わるため素人判断は非常に危険です。
時には命を落とす毒キノコも生えています!

こちらは毒きのこと同定されたきのこ。
⑫きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。

須走口五合目にある山荘『東富士山荘』のマスター、米山さんはとてもきのこに精通していて、富士山で採ったきのこを無料で鑑定してくれます。

面倒くさがったり恥ずかしがったりせず、必ず山荘に立ち寄りマスターに鑑定してもらいましょう。
命に関わりますから!

⑬きのこ狩りに行こう!【2013年”富士山できのこ狩り”編】準備・ルート・手順・マナーまとめました。

それにしてもマスターの米山さん、すごい。

一瞬でどんどんきのこを鑑定していきます。

『はい、これだめ』
『これはミヤマタマゴテングタケ』
『これは危ないよ』

などなど。

このスピード鑑定、尊敬しちゃいます!

(動画は昨年の鑑定の様子です。)

鑑定が終わったら、出来るだけきのこの形状・種類ごとに分けてビニール袋に入れ持ち帰りましょう。

毒きのこと同定されたきのこも山で捨ててはいけません。
袋に入れて持ち帰り家庭のゴミとして捨てて下さい。
 
 
マスターの東富士山荘はきのこ料理のメニューが豊富です。
時間があったらきのこ狩りの帰りにぜひ食べていきましょう。

東富士山荘HP

【記事リンク】富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編
 
 

富士山できのこ狩り、のまとめ

 
 

①世界遺産の富士山できのこ狩りを楽しめます!
②きのこ狩りは準備が肝心。前日に準備しましょう。
 (チェックリスト、ご活用ください)
③マナーを守れば来年もきのこが採れるかも。
 必ず採取のマナーを守りましょう。
④採ったきのこは必ず鑑定してもらいましょう。
 富士山には命に関わる毒きのこも生えています。

 
 

【注意事項】きのこ狩りで気をつけたい事!

 
 
さて、以下はちょっとお固い内容ですが、富士山でのきのこ狩りの際に気をつけてほしい事です。
きのこ狩りに行く前に一読して頂ければ幸いです。
 
 
①富士山に入山できる時期はだいたい4月下旬~11月中旬までです。
それ以降は山小屋を閉めてしまうそうです。
昨年(2012年)は東富士山荘さんは11月13日で終了しました。
山荘HPでチェックしてから向かいましょう。
 
 
②富士山を汚さない。
せっかく世界遺産に登録された富士山。
きれいな富士山を保つよう登山マナーは守りましょう。
自分で出したゴミは持ち帰り、ゴミが落ちていた場合は拾って家のゴミ箱に捨ててあげて下さい。
 
 
③登山道を拠点としその位置を把握できる場所以上奥に入らないようにして下さい。
登山道から自分の位置がどのあたりか常に考えながら移動して下さい。
 
 
④きのこ狩りは楽しいです。きのこが連なって見つかると、熱中してどんどん奥に進んでしまいます。
時々心を落ち着けて、仲間とはぐれないように定期的に『おーい』と呼び合ってお互いの位置を確認しましょう。
 
 
⑤万が一迷った場合、道に出る事を期待して下に降りるのは危険です。樹海に迷い込んでしまう可能性があります。
迷ったら山を登りましょう。
その方が登山道に出る可能性が高く、登り続ければ最終的には山頂に出ます。
 
 
⑥採ったきのこは必ず鑑定してもらいましょう。
上記の様に、命を落とす毒きのこもありますので必ず鑑定してもらって下さい!
毒きのこと鑑定されても、山に捨てるのはご法度です。だれかが拾ってしまう事も考えられます。
採った人が責任を持って家に持ち帰りゴミに出して下さい。
 
 



関連商品