喫茶きのこVol.3  ”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。


 
 

いろいろなきのこの楽しみ方

 
 
きのこのじかんの運営会社バイオコスモはきのこ問屋です。
普段はきのこを居酒屋チェーンや生協さん、スーパーさんなどに卸す仕事をしております。

ですので営業マンとしては自然と『きのこ=食材(商材)』という見方になっていたわけですが、最近は別の”きのこの楽しみ方”というものを覚えてきました。
 
 

例えばきのこ狩り!(もしくはきのこ撮り)

①喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。

野生のきのこはホントに多種多様。
食べられない毒きのこも多いですが、それを見たり写真を撮ったりするだけでもとても楽しいです。
 
 
また、形の可愛らしさやきのこの不思議さにスポットを当てたきのこ雑貨やきのこアート
これまた多種多様な作家さんやアーティストさんがいて、それぞれの個性がにじみ出た作品を見ているときのこ狩りできのこを探しているのと同じ様な感覚になり楽しめるんです。
 
 
今回はそのきのこのアートや雑貨が集う憩いのスポット『喫茶きのこVol.3』にお伺いしてきました!
 
 

『喫茶きのこ』ってなに?

 
 
それが実はよくわからないんです。

わかっているのは『喫茶きのこ』という固定の店舗があるわけでは無く、期間限定・不定期で場所を借りて開催されるイベントの様な感じ?だということです。
店内ではきのこ雑貨やアート作品が販売されていて、その中でお茶や軽食を楽しめるようです。
 
 
昨日は無かったのにひょっこり出来ていて、また数日でいなくなる。
そのあたり、とってもきのこ的だと思います。
 
 
【喫茶きのこ|公式サイト】
 
 
≪喫茶きのこVol.1≫は2011年6月4日(土)~5日(日)
西荻窪の『Maeuschen』(モイスェン)というお店で開かれたようです。
 
 
≪喫茶きのこVol.2≫は2012年12月8日(土)~9日(日)
西荻窪の『Atelie haco アトリエハコ』という所で開かれたようです。
 
 
そして、今回が3回目の喫茶きのこ。

2014年6月27日(菌)~28日(土)
東京都渋谷区の『So-SPACE』で開催されました。
 
 
とにもかくにもまずは行ってみよう!と言う事で『喫茶きのこ』にお邪魔してきました。
 
 

喫茶きのこVol.3

 
 
当日、山形から出張で来ていたきのこ生産者さんと東京で打ち合わせがあり、そのまま喫茶きのこまで付き合わせてしまいました。
 
 
こちら山形県最上地区のきのこ生産者、荒木さん。
美味しい舞茸ヤマブシタケを栽培しています。

②喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。
 
入口に手作り感満載な看板が掛かっています。
ここが不思議なきのこ空間への入り口でした。

③喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。
 
ドアを開けて中に入ると壁際にきのこ作品や雑貨が並び、机の上にはきのこオブジェ。

④喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。
 
棚にはきのこ雑貨やアート作品がずらりと並んでいます。

⑤喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。
 
あ、きのこ女子 とよ田キノ子さんのアイテム発見!

⑥喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。
 
リアル!な椎茸がま口。

⑦喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。
 
喫茶のテーブルにはそれぞれきのこオブジェが置いてあります。

⑧喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。
 
『露木さん、これこれ』と言って荒木さんが指差した先にはきのこ切手達。
荒木さんの住んでいる山形県鮭川村郵便局のきのこスタンプもありました!

⑨喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。
 
 

喫茶メニューは”きのこ軽食”

 
 
さて、せっかく”喫茶きのこ”ということなので軽食も楽しんできました!

メニューもきのこの形なら料理もきのこ系。
いやー、こだわってます。

⑩喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。

荒木さんは

・きのこ海苔巻き(きのこ茶付き) 550円
・きのこのクロックムッシュ 600円

 
露木は

・きのこ型チーズケーキ(胞子タイム?付き) 500円
・紅茶 400円

を注文しました。
 

【きのこ海苔巻き】

よーく見ると海苔巻きの中にきのこ柄が!
きのこ佃煮も付いていて、これがショウガが効いていて美味しいです。

⑪喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。
 

【きのこのクロックムッシュ】

こちらにはぶなしめじが入ったクロックムッシュ。

⑫喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。
 

【きのこ型チーズケーキ】

軸はスコーンでカサはチーズケーキで、きのこの形をしています。
チーズケーキはしっとりしていてボリューム感もあり、かなり美味しいです!

ちなみに飾りのきのこはマジパンでした。

⑬喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。

このチーズケーキですが、注文すると『胞子タイム』というサービスが付いています。
どんなサービスかと言うと、リコーダーで音楽を奏でながらスタッフさん達があらわれ『胞子、胞子♪』と掛け声をかけながらチーズケーキに粉砂糖を振りかけてくれるんです!

⑭喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。

こんなところからもお客さんを喜ばせたいという心意気が伝わってきます。

スタッフさん達自信が楽しんでる雰囲気はありますが経験上楽しいって気持ちは伝染すると思うので、運営側も楽しむと言うことは大事なことだと思います。
 
 

運営者はだれ??

 
 
さて、この『喫茶きのこ』はいったいどんな人が中心になってやっているんだろう?
ということで運営者の方にご挨拶してきました!

左の美女が運営者の古山ナオさん。
右の美女が看板娘のきのこ好きアイドル(?!) ななさん。

⑮喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。

ななさん、よく見ると髪にきのこガチャストラップつけてます。
主催者の古山さんに『喫茶きのこ』を始めたきっかけなどをお伺いしました。
 
 

≪古山 ナオさんのお話し≫

 
 
もともと私が職場でイベント企画などをしていたこともあり西荻窪の街のお祭り、『チャサンポー』の中でなにかイベントをやってみませんか?
とお誘いを受けたことから始まりました。

イベント内容はなんでも構わないと言うことだったのでずっとやってみたかったきのこのイベントを企画しました。
(もちろんきのこが好きだったので。)

まわりにもきのこが好きな友達が多く一緒にやってみないかと声を掛けやってみると思いのほかお客様も多く、それよりなにより自分たちがとっても楽しめる!
ということで、あれよあれよとスローペースではありますが、2回目3回目となりました。

自分たちがやってみたいこと、おもしろいと思ったことをきのこへの愛とともにカタチにしているイベントです。

これからも微力ではありますが、喫茶きのこできのこ界を盛り上げていけたらよいなと思っています。

 
 
ということでした。
今後も喫茶きのこイベントは行っていくそうなので、きのこ関係者を誘ってぜひまたお伺いしたいと思います。
 
 

【おまけ①】きのこみくじ

 
 
帰り際、運だめしに『きのこみくじ』なるものを引いてみました。

⑯喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。

結果。

きのこみくじ第58番(いったいいくつ有るんだ?!)
ふしぎなきのこ『あなたのまわりにフェアリーリング』・・・でした。

⑰喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。

菌(きのこ)関係のつながりがフェアリーリングのように広がっていく、という意味だろうと前向きに受け取っておきまーす!
 
 

【おまけ②】きのこストラップ

 
 
当日きのこ雑貨を買い物をしたり喫茶を利用するとおまけできのこストラップがもらえました。

開けてみたところ、

ドクツルタケ!

⑱喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。

【きのこストラップの記事】
きのこグッズの楽しみ方。勝手にBEST3を発表!『きのこ問屋のオフィス〜露木編』
 
 
おかげさま(?)でこの1週間後、リアルのドクツルタケを拝めたのでした!
(たまたま家の近所の山に生えていました)

⑲喫茶きのこVol.3!”イベント型きのこ喫茶店”にお伺いしてきました。
 

喫茶きのこVol.3、のまとめ

 

①”喫茶きのこ”は固定の店舗では無く不定期開催のイベント的お店。
②きのこアート作品やきのこ雑貨の販売ときのこ系軽食が楽しめます。
③Vol.3ではチーズケーキがおススメ!美味しいし胞子タイムのサービス付き!

 
 



関連商品