富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編


 
 

世界遺産登録の富士山にきのこレジャーに行こう!

 
 
今年6月に見事世界文化遺産登録を果たした富士山。

『いつかは登ってみたいな。でもとーっても過酷なんだろうなぁ』

と思う方が多いのではないでしょうか。

たしかに日本一の山ですから山頂を目指し登るのはとても大変です。
でも山頂に登るだけが富士山ではありません。

例えば子供と楽しめる、こんな『きのこレジャーコース』はいかがでしょうか?
 
 

ふじあざみラインを通り自家用車で5合目に。

 
 
須走口から”ふじあざみライン”を通り、富士須走口五合目に向かいます。

これが『ふじあざみ』の花。
紫がきれいですが触るとトゲトゲが生えていて痛いです!

①富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編

約11kmの山道をうねうねと登っていきます。
軽自動車だとちょっときついですが登れなくは無い勾配です。

五合目駐車場からすぐに絶景が望めます。

須走口五合目からの眺め。この街は御殿場、かな?

②富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編

駐車場から見上げる富士山山頂。近い!

③富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編
 
 

須走口五合目から小富士遊歩道の散策コース

 
 
須走口五合目の山小屋を過ぎると、山頂に向かう登山道の脇に『小富士遊歩道』の入口が現れます。

20分位の遊歩道でほぼ平坦な山道は子どもでも歩きやすいです。
今年行った時も2歳の女の子を連れた親子さんとすれ違いました。
去年は愛犬の散歩で歩いている方も。

※とはいっても山道。登山靴の様な固めの靴がおススメです。

④富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編

木の枝がうっそうと生えている下、コケで湿っている空間、枯れ木の裏側などをちょくちょく調べてみてください。
歩きながら左右に目を配ると、もしかしたら野生のきのこに出会えるかも!
 
 
見つけたら袋等に採取して山小屋に持ち帰りましょう。

POINT:須走五合目の山荘、東富士山荘では採取したきのこを無料で鑑定してもらえます。
※必ず鑑定してもらって下さい!命を落とす毒キノコも生えています。


 
野生で生えてるきのこを観察して、自分で採ったきのこを食べると言う体験は子供にとってとても刺激的だと思います!
 
 
小富士の目印はこのほこら。

⑥富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編

小富士に着いたら一休みしましょう。

富士山の山頂やふもとの絶景を眺めて、誰もいなければ大声出すと気持ちいいです。
(叫んでる途中でだれか来たらごめんなさい。。←経験者)
 
 

絶品!野生きのこがいっぱい入ったきのこメニュー。

 
 
さて、小富士から折り返して五合目まで戻ってきたら山荘に立ち寄りましょう。
おすすめは東富士山荘

マスターの米山さんはきのこに精通しており、散策中に採取したきのこの鑑定も無料で行ってくれます。

また東富士山荘はきのこ料理のメニューがとっても豊富!
 
 
<メニュー抜粋> (2013年9月29日現在)

○きのこそば・うどん 1,000円
○きのこパスタ 1,000円
○きのこチャーハン 1,000円
○きのこピザ 700円
○きのこラーメン 1,000円
○きのこ焼きそば 900円

などなど。
 
 
なかでもおすすめはこの2つ。
 
 

露木のおすすめ!その① きのこ鍋セット 1,200円

 
 
⑦富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編

お勧めポイントは、きのこがこれでもかっ!ってくらい贅沢に使われた一人きのこ鍋とキノコご飯、きのこの漬物に、〆のきのこ天ぷらうどんまで付いてくる”きのこづくし”っぷり!

鍋の具はきのこと白菜と薬味のネギだけ。肉は入ってません。
なのにこの満足感!

何種類入っているか分からないくらいのきのこで旨味の相乗効果がっ。
〆の天ぷらうどんに到達する頃にはきのこで満腹になっています。

天ぷらもキクラゲの天ぷら。
⑧富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編

きのこ問屋だからわかります。これだけきのこ使って1,200円は激安ですよ。
東富士山荘さん、やるなっ!
 
 

露木のおすすめ!その② きのこ唐揚げ 500円

 
 
⑨富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編

きのこの揚げものは天ぷらのイメージが強いと思いますが。うん、きのこの唐揚げ、超うまい。
特に上に乗っているキクラゲスライスの唐揚げがパリパリして美味しいです。

露木はこれでご飯一杯いけました!
富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編⑩

鍋セットも唐揚げも、ほぼきのこ。きのこ率9割はいくでしょう。
肉も魚も入って無いですがとても満足感ありました!
 
 

東富士山荘に行ったらお土産はこれ。

 
 
東富士山荘にいったらおすすめの富士山土産があります。

『富士山きのこ茶』 700円
※缶無しの袋入りタイプは600円

⑪富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編

ちなみにイラストは東富士山荘のマスター、米山さんの顔。

お茶としてももちろん美味しいですが、お吸い物や炊き込みご飯、料理の調味料としても使えます。
これがあれば簡単に ”即席きのこ汁” が作れます!
 
 

帰りに道の駅『須走』へぶらっと立ち寄り

 
 
さて、お帰りの際ももう一つ立ち寄りスポットがあります。
ふじあざみラインを下まで降りると出てくる道の駅『須走』

お土産屋さんには地元山梨の生産者さんが栽培したきのこや野菜が並びます。
先日は『アルプス茸』なるヒラタケが販売されていました。

⑫富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編

また道の駅『須走』には無料で入れる足湯があります。
山歩きで疲れた足をのんびり足湯で癒すのもいいですね。

⑬富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編

※タオル等はありませんので持参しましょう。

露店には子供と露木の大好きなソフトクリームや、イチゴを使ったイチゴジュース等あり!
食後のおやつにぴったりです。
 
 

富士山の子供と楽しめるきのこレジャー、のまとめ

 

露木のおすすめ”富士山きのこレジャーコース”はコレだ!

①ふじあざみラインを通り須走口五合目に。
②須走口五合目~小富士遊歩道できのこ探し。
③小富士で絶景を眺め、絶叫!
④東富士山荘できのこづくし。
⑤道の駅”須走”で足湯とデザート。

ぜひ秋のレジャー候補にして下さいね。

 
 

【注意事項!】

 
 
○富士山に生えるきのこの中には毒きのこがあります。
命を落とすほどの毒きのこも生えるので面倒くさがらずに必ず山小屋で鑑定してもらいましょう。

⑭富士山のきのこを満喫!子供と楽しめるきのこレジャー+きのこレストラン富士山編

○富士山五合目のトイレは有料です。(1回200円)
山小屋で食事したりお土産を買うと無料で使用できます。

○山小屋は冬期は閉店します。開店期間はだいたい4月下旬~11月中旬。
その年によって日にちはずれますので山小屋のHPで開いている事を確認してから行きましょう。

○2013年7月12日~9月1日までの金・土・日・祝日はマイカー規制期間です。
毎年日にちがずれますので、こちらの静岡県公式HPでご確認ください。

期間中はマイカーの乗り入れが出来ません。
乗換駐車場からシャトルバスが30分間隔で出ますのでこちらを利用しましょう。
 
 

【アクセス】東京から須走口に行くには。

 
 
◆車の場合。

東名高速道路の御殿場ICをおり、山中湖・箱根方面に。
御殿場バイパス(国道138号線)を富士吉田・山中湖方面に進む。
『須走IC』という表示の交差点を左に折れて『ふじあざみライン』へ。
ふじあざみラインを登っていくと須走口5合目に到着。

新宿駅から約120キロメートル、約2時間の距離です。(Google mapより)

マイカー規制に注意!
 
 
◆バスの場合。

①御殿場駅から須走口まで5月上旬から10月下旬まで富士急行さんの登山バスが運行しています。
時刻表はこちら

②新松田駅から須走り口まで7月中旬~9月上旬まで富士急行さんの登山バスが運行しています。
時刻表はこちら
 
 



関連商品