えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】


 
 

ダイエットするなら6月から。

 
 
6月、梅雨に入りじめじめした日が続きます。
それが明けたら始まる季節。
 
 

そう、夏!!

①えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】
(写真はきのこ問屋からほど近い湘南の由比ヶ浜)
 
 
海に、山に、バーベキューに。
個人的には大好きな季節なんですが、きのこ業界的にはめっきりきのこが売りにくくなる試練の季節でもあります。
 
 
『やっぱり、”夏”と”きのこ”で連想するのはダイエットでしょうか』
と食堂で記事写真を撮りながら夏対策を話し合っていた時。
 
 
お茶を淹れに来た事務員さんの一人が

『あのねぇ。ダイエットするなら夏じゃなくて、いまだから』

とボソッと言ったんです。
 
 
夏までに理想の体型になりたいなら、少なくとも2か月前の6月からダイエットを始めないと間に合うわけないでしょ、ということ。

なるほど、盲点でした!(おいっ)

 
 
これは6月にダイエット記事を書かねばなるまい!
ダイエット向けきのこと言えばえのき氷えのき茶でおなじみ『えのき』です。

②えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】

ということで今回の裕子先生のスープレシピは6月ダイエットにおすすめ!
ダイエット食材、えのきの料理バリエーションを広げられるレシピにしようということになったのでした。
 
 

裕子先生コメント

吉平裕子先生|きのこのじかん今回のお題は”えのき”の料理バリエーションが増えるレシピ。
なので一風変わったえのきの使い方に挑戦してみました。

今春キャベツが美味しい時期だし、えのきを練り込んだロールキャベツを作ります。
またお肉もヘルシーに鶏肉で作りました。

美味しくできたのでぜひ試してみてくださいね♪

 
 

えのき入りロールキャベツの作り方

 

【材料】5つ分

キャベツの葉:5枚
鶏ひき肉:200g
えのき:100g
玉ネギ:100g
人参:30g

④えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】
 

【作り方】

1.キャベツの芯を薄く削ぎ葉を茹でておきます。

⑤えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】

2.えのき、人参、玉ねぎを2~3㎜サイズに細かくカットし、鶏ひき肉とよく練り合わせます。

3.茹でたキャベツで練り合わせた具材を巻いていきます。
 

裕子先生流 ロールキャベツの巻き方

 
 
具材を5等分にして俵型に丸めます。
⑥えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】

キャベツの芯側に俵型にした具材を置き、葉の左半分を中心に折り、
⑦えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】

くるくるっと上手に中身が出ないように巻きます。
⑧えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】

右側の葉を中心に向かって詰め込みます。
⑨えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】

完成。
③えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】

この巻き方だとつまようじ等で留める手間がいらないし、お子様に食べさせる時も安心ですよ♪

 
 
 
裕子先生のきのこスープレシピ

ロールキャベツ入り、えのきポタージュスープ

 

【材料】2~3人前

えのき入りロールキャベツ:5個
好みのコンソメスープ:500cc
(水500ccと好みのコンソメだし適量)
えのき:300g
玉ネギ:80g
牛乳:150cc
生クリーム:40cc
無塩バター:10g
塩:適宜
コショウ:適宜
 
 

【作り方】

1.鍋でバターと玉ねぎを炒めそこにエノキを入れ、コンソメスープを入れて10分程煮込みます。

⑪えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】

いーい匂いがするので『ちょっと味見』、と一口飲んでみる。
すでにえのきや玉ネギの旨味とコンソメスープで味がしっかりしているのでこの時点でとても美味しいスープになっています。
 
 
2.エノキや玉ねぎがしんなりしてきたら火を止めてブレンダーにかけます。
(ブレンダーが無い場合はミキサーにかけます。)

⑫えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】

3.えのきの固形が見えなくなってきたらそこに牛乳を入れて再びブレンダーします(またはミキサーにかけます)。

⑬えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】

4.完全にポタージュ状になったらそこにロールキャベツを入れます。
煮込んでいる途中で崩れないようにぴったりの鍋を使うか、一列にキツキツに並べてロールキャベツが動かないようにし弱火で15分程煮ます。

⑭えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】

5.最後に生クリームを入れ、塩・コショウで味を整えたら出来上がり!

⑮えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】
 
 

えのき入りロールキャベツスープ、お味は?

 
 
さっそくロールキャベツを食べてみます。

キャベツが柔らかくて甘ーい!
キャベツの甘みとえのきの旨味が溶け出したスープが良く絡んでいます。

ロールキャベツの中身に鶏肉を使うというのも珍しいと思いましたが、食べてみると美味しい!
鶏肉とミルキーなえのきポタージュは相性ばっちりです。

⑯えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】

またロールキャベツは噛んでいると時々えのきのきゅきゅっとした歯触りも感じられました。
 
 
えのきを粉砕してまるごとポタージュにしたスープ!
キャベツから溶け出した甘みが加わってなんともふんわりしてコクのある味わい。

このスープ美味い!

 
 
きのこ問屋で働いているのにきのこ嫌いの社員、手代木ふみやもえのき入りロールキャベツは『美味しい!』と食べられました。

⑰えのき入りロールキャベツスープ(えのきポタージュに浮かべました)【裕子先生のきのこスープレシピ】

キャベツの甘みやお肉の旨味と一緒に摂ることでえのきも食べやすいようです。
これならきのこが苦手な方やお子さんでも食べられそう!
 
 

えのきポタージュスープはダイエットにピッタリ?

 
 
えのきを丸ごと粉砕して作るえのきポタージュスープ。
これ、実はダイエットにピッタリなスープなんです。

えのきのダイエット成分で、内側から燃えやすい身体を作るキノコキトサンはえのきの固い細胞壁の中に閉じ込められています。
ですので普通に調理しただけではなかなか効率的に摂取できないのですが、えのきポタージュはブレンダーでえのきを完全に粉砕します。
その際に細胞壁が壊れ、その後じっくり煮込む工程を経てキノコキトサンがスープに溶け出しやすくなるんです。
 
 

きのこのじかん通販で買えます!

 
 
実はえのきポタージュ、きのこのじかんオンラインショップでも販売しています。

③えのきすっきりミルキーポタージュ

えのきすっきりミルキーポタージュには、きのこ問屋ならではのこだわりが更に2つあるんです!
 
 

1.木の粉で栽培したこく旨とろ~りえのき使用

えのきスープに使用しているえのきは、すべて長野県の契約農家さんから仕入れています。

②えのきすっきりミルキーポタージュ

この農家さんのえのきはオガクズ培地で栽培したえのきなんです。
えのきはトウモロコシの粉末を原料に栽培することが一般的ですが契約農家さんは『きのこは木の粉で育てるもの』というこだわりから、オガクズ培地を使用しています。

その為か繊維質が豊富で甘みがあり、シャキッとしています。
このえのきを使ったポタージュスープは自然なとろみと甘みが出てミルクとの相性もばっちりだったんです。
 
 

2.冷凍スープにしてキノコキトサンを摂りやすく

きのこのじかんのスープは冷凍してお届けしています。
実は冷凍することにより氷の結晶がえのきの細胞壁を壊し、さらに体すっきり成分キノコキトサンが溶け出しやすくなるんです。

スープを冷凍してお届けする理由

えのきの旨味や成分を余すことなく摂取できるよう、きのこのじかんでは冷凍スープにしてお届けするようにしています。
 
 
新聞にも取り上げていただいたきのこ問屋自信の一杯です。

メディア掲載スープ

ぜひ一度ご賞味ください!

<えのきすっきりミルキーポタージュのご注文はこちらから。>

 
 
 
ダイエットが気になる時期、いろんなえのき料理を試してみてくださいね♪
 
 

えのき入りロールキャベツスープ、のまとめ。

 

①ダイエットするなら夏の2か月以上前から。
②えのき入りロールキャベツはキャベツの旨味とお肉の旨味が相まってきのこ嫌いでも食べられるかも?!
③えのきポタージュスープはえのき氷と同様、ダイエットにおすすめです。

 
 



関連商品