きのこのオリーブオイル漬けを使ったソースレシピ【サーモンソテーの豆乳クリームソースがけ】


 
 

1週間前に漬けたきのこのオリーブオイル漬け

 
 
先週作っておいたマッシュルームのオリーブオイル漬け
10日程経って味見してみました。
 

≪マッシュルームのオリーブオイル漬けの復習≫

 
食材保存方法の1つ。
オリーブオイルで食材を包み込む事で食材の酸化(劣化)を防ぐ。
そのまま前菜にしても良し、料理の具として使っても美味しい。
またオリーブオイルに食材の風味がつき味がまろやかになります。
この油で料理を作ると美味しいとのこと。

⑨キノコの保存食。マッシュルームのオリーブオイル漬け。

【参考記事、オリーブオイル漬けの作り方はこちら↓】
キノコの保存食。マッシュルームのオリーブオイル漬け。

 
 
ちなみに今回漬けこんだマッシュルームはきのこの中ではあまり日持ちの良いほうではなく、ましてやスライスするとさらに日持ちしません。
悪くなってくるとどんどん黒ずんで水っぽく柔らかくなってきます。

そんなマッシュルームを漬けてから10日間経った状態がこちら。

①きのこのオリーブオイル漬けを使ったソースレシピ【サーモンソテーの豆乳クリームソースがけ】

目に見えた変化は無くピンピンしてます。
また心なしかオリーブオイルの香りが柔らかくなっている気がします。
 
 
醤油をかけて食べてみました。

②きのこのオリーブオイル漬けを使ったソースレシピ【サーモンソテーの豆乳クリームソースがけ】

マッシュルームの歯応えが良い。
この食感、全く劣化して無いです!
 
 
オリーブオイルにマッシュルームのダシが加わって味がまろやかに。
後からじんわりくるトウガラシの辛さも漬けはじめた直後に食べた時より程良い感じになっているように思います。

このままサラダなどに乗せて食べても美味しそう!
 
 
ばっちりきのこの風味が付いたオリーブオイル。
このオイルで料理を作ると美味しくなるといいます。

という事でマッシュルームのオリーブオイル漬けを使って料理を作ってもらいました!
 
 
 
きのこのじかんレシピ

サーモンソテーの豆乳クリームソースがけ

 

【材料】2人前

≪サーモン≫

生サーモン:2切
小麦粉:大さじ1
コショウ:少々
キヌサヤ:10枚
プチトマト:4個
マッシュルームのオリーブオイル漬け(オイルのみ):大さじ1
白ワイン:大さじ2
(無ければ酒で代用)

③きのこのオリーブオイル漬けを使ったソースレシピ【サーモンソテーの豆乳クリームソースがけ】

≪ソース≫

マッシュルームのオリーブオイル漬け(具材含む):大さじ1
玉ネギ(大):1/4個
小麦粉:小さじ1
無調整豆乳:100cc
白だし:大さじ1
砂糖:小さじ1/3
パセリみじん切り:大さじ1
粒ブラックペッパー:適宜
 
 

【作り方】

①下ごしらえ

キヌサヤはヘタとスジを取り除き塩茹でにし、冷水で冷ましてからキッチンペーパーで水気を拭き取り爪楊枝等で2枚に裂いておきます。
プチトマトは4等分のくし切りにしてヘタの硬いところは切り落とします。
玉ネギは2mm程度のスライスにします。

生サーモンはキッチンペーパーで水分をしっかりと拭き取ります。
ビニール袋に小麦粉とコショウを入れ軽く振ってなじませます。
次にサーモンを入れ小麦粉をまんべんなく付けて取り出します。

④きのこのオリーブオイル漬けを使ったソースレシピ【サーモンソテーの豆乳クリームソースがけ】

②フライパンにマッシュ漬けのオリーブオイルのみを入れ中火で熱します。
サーモンを皮目を下にしてソテーします。
小麦粉は焦げ付きやすいので焼き色を確認しながら火力を調整します。

皮目がキツネ色になったら返してワインを加え弱火にし、フタをして身側にじっくり火を通していきます。
途中焼き色を確認しながらワインが蒸発しきる程度まで蒸し焼きにしてからお皿にとります。
 
 
≪ソース作り≫

③フライパンに残ったオイルを軽く拭き取ります。
マッシュやにんにくのスライスが入ったオリーブオイル漬けの具材をオイルごと加え、玉ネギと共に中火で炒めます。

⑤きのこのオリーブオイル漬けを使ったソースレシピ【サーモンソテーの豆乳クリームソースがけ】

④玉ネギが透明になった頃合いで小麦粉を加え粉気がなくなるまで充分に炒め合わせます。
玉ネギがしんなりしてきたら豆乳・白だし・砂糖を加え強火にして混ぜ合わせます。

⑥きのこのオリーブオイル漬けを使ったソースレシピ【サーモンソテーの豆乳クリームソースがけ】

⑤ふつふつ煮立ってきたら中火にし、パセリのみじん切りを加えさらに煮ていきます。
炒めた小麦粉でとろみがつきはじめますのでお好みのとろみのタイミングで火を止めます。
 
⑥周りに付け合わせのキヌサヤとミニトマトを飾り付けサーモンソテーにクリームソースを掛けます。
仕上げに粒のブラックペッパーを包丁の腹でつぶしソースにちらして完成です。

⑦きのこのオリーブオイル漬けを使ったソースレシピ【サーモンソテーの豆乳クリームソースがけ】
(レシピ&調理:和田)
 
 

豆乳クリームソースが絶品!

 
 
クリームソースは豆乳を使っているのでヘルシーですが不思議と濃厚です。
マッシュルームの旨味がついたオリーブオイルがまさにソースの決め手!
マッシュ・オイルの香り・味が際立っています。

このソースがサーモンにぴったり!
塩気を控えたサーモンがとても美味しく食べられました。

ミニトマトとキヌサヤで見た目も華やかです♪
 

きのこのじかん写真担当_和田和田コメント(レシピのポイント含む):
ソースに入れる白ダシはメーカーによって塩分が異なります。
砂糖を少量入れることで味に丸みが出ます。
塩気が足りない時は火を止めてから味見をして調整してください。
今回は旬のキヌサヤやパセリを使用しました。
特にパセリに多く含まれるカリウムは体内のナトリウムを排出する作用があると言われている栄養素です。
彩りだけでなく体に良いとされる食材をふんだんに使いました。
皆様ぜひお試しください。

 
 
へー、パセリってカリウムが豊富なんですね!
ちなみにマッシュルームもカリウムが豊富。(350mg/100g)

カリウムは不足すると夏バテが起こりやすくなると言われているので、夏に向けて摂っておきたい栄養素です。

きのこやパセリを上手に料理に取り入れて夏を迎えましょう!
 
 
【参考記事】
ミネラル食材「きのこ」のミネラルランキングBEST5を発表!
 
 

マッシュオイルを使ったサーモンソテー、のまとめ

 

①マッシュルームをオリーブオイルに漬けておくことで保存が効く。
②漬けておくことでマッシュルームの風味が付きオリーブオイルがまろやかに!
③しょう油などをかけてそのまま食べても美味しいですが、ソースなど料理に使ってもOK。
④豆乳のクリームソースにしたら絶品でした!

 
 



関連商品