【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。


 
 

幸せの黄色いキノコ『タモギタケ』

 
 
黄色がとっても鮮やかなこのキノコ、見た事がありますか?
①【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。

”タモギタケ” というきのこで、野球のバットの原料にもなるタモの木から生えていたので”タモギタケ” という名前が付きました。
(でもタモよりもニレ・ナラ・カエデの枯れ木から生える事の方が多いみたいです。)
 
 
タモギタケを試食販売していると、

『まぁ、きれいに塗ったのねー』

とお声掛けいただく事もありますが違います!

元からきれいな”黄色いキノコ”なんです。
 
 
東北から北海道にかけて自生するきのこで北海道で一番食べられています。
ダシが良く出て香りが良く、美味しいキノコです!
 
 
また機能性も注目されていて、

①免疫力をアップする効果が期待できるβ-グルカンが豊富!
②美白や保湿・アンチエイジングが期待されるエルゴチオネインを含む。

その為サプリメントや化粧品にも利用されています。
 
 
【エルゴチオネインの参考リンク】
【美肌効果抜群】ササクレヒトヨタケを食べると綺麗になるってほんとですか?!
 
 
最近では栽培する農家さんも増えたので流通量も増え、鮮やかな黄色を活かし鍋屋さんなどレストランで使われている事が多くなってきました。

女優の深田恭子さんが以前テレビで、行きつけの天香回味(テンシャンフェイウェイ)さんという薬膳鍋屋さんで

『タモギタケが好き!』

と言っているのを見て、『僕はあなたが好き!』と思ったものです。しみじみ。
 
 

タモギタケは加熱すると黄色じゃなくなっちゃう?!

 
 
とっても黄色が鮮やかなきのこ、タモギタケですが実はちょっと弱点があります。
それは加熱すると色落ちして白(乳白色)っぽく変化してしまう事。
②【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。

せっかくきれいな黄色いキノコだから料理の中にこの黄色を取り入れたいですよね。
タモギタケの黄色を残したまま料理に使えたら食卓が華やかになる事間違い無しです!

そこで

『タモギタケのきれいな黄色を残したまま料理に使う事ができないか』

という命題を解決すべく、きのこ問屋のプライドを掛けた研究が始まったのでした。
 
 

タモギタケの色を残したまま加熱調理する研究

 
 
という事で調理法を変えながら、それぞれ加熱時間を区切り実験してみました。
 
 

①タモギタケをさっと湯通しする。

 
 
【条件:沸騰させたお湯を弱火にし、タモギタケを入れて1分・2分・3分で経過を見る。】

③【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。

【たもぎたけを湯通しした結果】

④【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。

・・・ふむ。完全に色が落ちた
1分ですでに真っ白くなってしまいます。

たもぎたけの黄色い色素は水溶性なのかもしれません。
水分があると特に色落ちしやすいように思います。
 
 

②タモギタケをフライパンで加熱。

 
 
【条件:熱したフライパンでタモギタケを加熱し2分・3分・5分でそれぞれ経過を見る。】

⑤【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。

【たもぎたけをフライパンで加熱した結果】

⑥【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。

これは意外にも黄色が残りました!
ただ2分だとまだ火の通りが弱く生の部分も残ってしまう様でしたので3分以上の加熱が良いと思います。

5分加熱しても、色は薄くなってきているものの黄色は残りました。
 
 

③タモギタケを油で揚げる。

 
 
【条件:熱した油にタモギタケを入れ、1分・2分・3分で経過を見る。】

⑦【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。

【たもぎたけを油で揚げた結果】

⑧【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。

油で素揚げした場合、1分の状態では黄色が残りました!
2分以上では全体がこんがりきつね色になってしまう為、黄色が残ったかどうか判断は難しいです。。
 

ただ!

3分素揚げしたタモギタケを何気なくつまんだら、香ばしく旨味がぎゅーっと凝縮していて、調味料など何もつけなくてもビックリするくらい旨かったです!
 
 

④タモギタケを電子レンジでチン。

 
 
【条件:タモギタケにラップを掛け、電子レンジ(700W)で30秒・1分で経過を見る。】

⑨【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。

【たもぎたけを電子レンジでチンした結果】

⑩【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。

タモギタケを電子レンジで1分掛けたところ、黄色はばっちり残りました!
上記①~③と比較しても抜群に黄色いまま!

でもちょっと縮んだ!
700Wで1分だと少し加熱しすぎてしまうみたいです。
 
 
という事で今度は電子レンジに30秒掛けてみました。

お、これは!!

電子レンジから出してみると見事にタモギタケの黄色が残り、加熱もしっかり出来ました!

POINT:タモギタケを電子レンジに掛ける際、ラップが直接タモギタケにつかない様深いお皿に入れます。
ラップがタモギタケにくっついているとタモギタケから出た水分で濡れてしまい色落ちしやすくなります。

 
※実験に使用した電子レンジは700Wです。お使いの電子レンジのW数に応じて時間調整お願いします。
 
 

タモギタケの素揚げ、サラダに載せてみました。

 
 
タモギタケを電子レンジで加熱調理すると黄色を残したまま加熱できる事が分かりました。
一方、素揚げしたタモギタケは若干黄色は落ちるものの、ものすごく味が凝縮して美味しくなる事も分かりました。

⑪【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。

という事で、あえて。
あえての選択で素揚げしたタモギタケをサラダに載せてみました!

⑫【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。

タモギタケの旨味がぎゅーっと凝縮しているのに対してさっぱりしたリーフがさわやか!
サラダと一緒にタモギタケを口に運ぶと程良いハーモニーです。

色も鮮やか!とはいえないものの、ちゃんと黄色は残ってます。よね?!
 
 
鮮やかな黄色が目を引き、旨みの強いタモギタケ。
ぜひ試してみてくださいね!
 
 

タモギタケの色を残す研究、のまとめ

 

①タモギタケは黄色が鮮やかなきれいなきのこ!
②しかし加熱すると黄色が落ち、乳白色に変わってしまいます。
タモギタケの色を残すには電子レンジで30秒加熱調理。
たもぎたけの素揚げは旨味がぎゅーっと詰まっていて美味!
⑤深田恭子さんもタモギタケが好き!!

 
 
※今回の実験で行った方法より『もっとたもぎたけの色を残せる方法があるよ!』という方がおりましたらぜひ教えてください!⇒お問合わせリンク
 
 
乾燥のタモギタケは下記ネットショップで購入できます。(平成25年10月21日現在)
 
ユウキセレクト楽天市場店 きのこくらぶ
 
 



関連商品