【トキイロヒラタケ】サーモンみたいなピンクのきのこ?!トキイロヒラタケの豆乳クリームパスタ。


 
 

ピンクのきのこ?!トキイロヒラタケ

 
 
ピンクのきのこ。そう、それは大人のきのこ
 
 
・・・ではなくて。
正真正銘、きれいなピンク色をしたきのこがあるんです!こちら。
①【トキイロヒラタケ】サーモンみたいなピンクのきのこ?!トキイロヒラタケの豆乳クリームパスタ。
”トキイロヒラタケ” というきのこです。

名前の由来は天然記念物の新潟県の鳥、”朱鷺(トキ)”の翼の色に似ていることから朱鷺色(トキイロ)、平茸(ヒラタケ)の仲間なので『トキイロヒラタケ』という名前になりました。
 
 
ちなみに英語では『ピンクオイスターマッシュルーム(pink oyster mushroom)
なんか可愛い名前です。
 
 
まだまだ認知度は低いですが美味しいキノコで、栽培品も多少ですが流通しています。

香りのよいキノコで味も良く出ます。
ヒラタケ系は良いダシがとれる種類が多くトキイロヒラタケもその例に漏れずとても良いダシが出ます。
 
 
同じ色がきれいな ”彩りきのこ” でも黄色いタモギタケは加熱すると色が抜けてしまいますが、トキイロヒラタケは加熱してもピンク色が残ります。
 
 
【参考記事】
【タモギタケ】黄色い彩りキノコ、タモギ茸の色を残したまま加熱する。きのこ問屋の自由研究。

POINT:トキイロヒラタケは加熱調理してもピンク色が残ります!タモギタケは加熱すると色が乳白色に変化します。

 
 
サーモンの様なピンク色を活かした料理に使いたいところです。
トキイロヒラタケの生産者さんにおすすめ料理を聞きましたので”きのこのじかん流”にアレンジしてご紹介いたします!

 
 
きのこのじかんレシピ

~トキイロヒラタケの豆乳クリームパスタ~

 

☆材料(3人前)

トキイロヒラタケ:1パック(60g)
パスタ:3人分(今回はフィットチーネを使いました)
玉葱:半分
バター:30g
豆乳:300ml
コンソメキューブ:1個
生クリーム:60g
塩・コショウ:適量
 
 

☆作り方

①鍋に湯をはり、塩を一つまみ入れパスタを茹でます。

②トキイロヒラタケは石突(根元の端っこの部分)だけ包丁で切り落とし、汚れが気になる場合はさっと流水で洗います。大きい房は1口サイズにカットします。玉葱は薄切りにしておきます。

③フライパンにバターを入れ玉葱をよく炒めます。玉葱が透明になってきたらトキイロヒラタケを入れます。

②【トキイロヒラタケ】サーモンみたいなピンクのきのこ?!トキイロヒラタケの豆乳クリームパスタ。

④豆乳・コンソメを加えます。

⑤塩・コショウで味を調えます。

⑥生クリームを入れ少し加熱します。

③【トキイロヒラタケ】サーモンみたいなピンクのきのこ?!トキイロヒラタケの豆乳クリームパスタ。

⑦茹でがったパスタと和えお皿に盛り、お好みで粉チーズを掛けて出来上がり!
 
 

トキイロヒラタケのクリームパスタ、実食!

 
 
という事でさっそく実食してみました。

④【トキイロヒラタケ】サーモンみたいなピンクのきのこ?!トキイロヒラタケの豆乳クリームパスタ。

うーむ、トキイロヒラタケがサーモンに見えてきた。

クリームにトキイロヒラタケのダシが溶けて出していて濃厚な味
パスタは平らなフィットチーネを使いました!クリームが良く絡みます。

トキイロヒラタケは程良い食感が残っていて柔らかすぎず、またクセが無いので食べやすいです。

(余談ですがキノコ嫌いのお子さんでもサーモンと間違えて食べきってしまったそうです。)

トキイロヒラタケの豆乳クリームパスタ、とても美味しく頂けました!
 
 

トキイロヒラタケのクリームパスタ、のまとめ

 

①トキイロヒラタケはピンク色のきれいなきのこ。
②まだまだ珍しいきのこですが、美味しく、良いダシが出ます!
③トキイロヒラタケのクリームパスタは、絶品!

 
 



関連商品