都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん


 
 

圏央道に乗ってきのこ狩りに行こう!

 
 
梅雨真っ盛り、大型台風も本州接近!!
皆様安全にお過ごしですか。

去る、6月28日(土)きのこのじかんチームは東京の青梅市にある生産者であって、椎茸狩り・バーベキュー・カフェレストラン等の施設を併設している、『内沼きのこ園』さんにお邪魔させていただきました。
 

 

今回は新商品の企画・開発や夏イベントなど営業活動に右往左往して時間に追われている露木に代わって和田が記事全般の構成を行い、露木が画像処理や修正を行うカタチでレビューをお届けさせていただきます。

 
 
当日は圏央道:相模原愛川IC~高尾山IC間の開通と重なり数日前からまっさらな道路で快適ドライブが出来るぞ!とテンションMAX!

きのこ問屋バイオコスモのある神奈川県伊勢原市からきのこ生産者さんが多い長野県・新潟県・群馬県・埼玉県へのアクセスが抜群に良くなり圏央道の開通はまさに「鬼に金棒、おやつにうまか棒」といった感じです。

①都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
(赤と青は東名高速道路、緑が圏央道)
 
 
・・・と思いきや圏央道の新区間は15時開通と前日に気づいてどんよりモード。
悪いことは重なるもので天候も朝から雨模様、思わず皆で顔を見合わせ「誰だ雨男は!」と心の中でつぶやく。

それでも気を取り直して、8時に出発!!
 
 
それではここで参加メンバーを紹介させていただきます。

全国のきのこ産地をその目で見てきたきのこ問屋社長の市岡、きのこのじかんカメラマン・調理等担当の和田、きのこのじかんチーフプロデューサー露木。

②都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
 
そして露木家の長男・玲蒼(レオ):5歳、次男・徹平(てっぺい):2歳、以上の5人を乗せた車でまずはゲストとの待ち合わせ場所であるJR青梅駅を目指します。

③都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

「仕事に子供を参加させて露木は公私混同してないか!」って。
いえいえイ〜んです。
今回は大人も子供も楽しめてかつアクセスが容易な都内のきのこ狩りがメインテーマですから、2人も立派なゲストなんです。
 

青梅駅周辺はなつかしい洋画・邦画の映画看板で彩られている。
また赤塚不二夫氏の奥様の尽力で青梅赤塚不二夫会館もあることからアニメキャラクターを店頭のトレードマークに使う商店などノスタルジックな雰囲気はそこだけ時間止がまったかのようなたたずまいである。

35都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

青梅駅に着くと慌てて和田が車を降りゲストを探す。
ここで待ち合わせをしていたのは、きのこ女子ことコイケハルカさん。
以前にも『都心できのこ撮り』記事でもお世話になった方で、機会があったらきのこ狩りがしたいとお話をさせていただいていたこともあり、お誘いした次第であります。

⑤都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

ここ青梅はコイケさんが大学時代に通っていたそうで言わば庭のようなもの。
そもそも青梅にある大学を選んだのも『野山に囲まれきのこ探しが大学に通いながら出来る!』
それが目的であったというのだから、「どれほどきのこが好きやねん。」とツッコミを入れたくなるほどである。

少しお待たせしてしまいましたが、コイケさんとも無事合流しいよいよ目的地である『内沼きのこ園』さんを目指します。
 
 

青梅の内沼きのこ園さん

 
 
少し山間に入った所に『内沼きのこ園』さんはありました。
駐車場に車をとめ受付のある建物に向かう。

⑥都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

天然の木材をふんだんに使った内装で至る所にきのこをモチーフにしたインテリアや雑貨、窓際にはクスノキや桜材の表皮を生かし表情豊かにを加工したきのこのオブジェもあり、見ているだけで癒されます。

その奥にカフェレストラン『ぴるつ』が併設されていて、そこもまた木材を使い統一感のある落ち着いたスペースになっていて、カウンターの上のきのこ型のマトリョーシカたちが目を引きます。

⑦都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
 

【キノコ狩り施設Date】

施設名称 内沼きのこ園
住所 〒198-0001 東京都青梅市成木1丁目90
電話番号 0428-74-4528
公式HP http://u-kinoko.jp/
キノコ狩りが出来る品目 原木しいたけ
キノコ狩り期間 通年
料金 入園料 大人200円 子供100円
収穫したきのこは100g当たり300円(外税)で購入いただけます。
営業時間 10時~17時(火曜日定休)

 
更に詳細はこちらをご覧ください↓
内沼きのこ園【キノコ狩りスポット情報】
 
 
受付を済ませ待っていると社長の内沼秀夫さん自ら案内をしてくださるとのことで、少し緊張しつつも椎茸狩りのハウスに向かう。

⑧都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

林の中には路地栽培のホダ木が数千本と並び、春と秋には屋外でも一斉に椎茸狩りが楽しめるのかと想像すると、さぞ壮観な風景になるのだろうと思いまいた。
 
 
ハウスに入るとひんやりとしていて地下水を循環した送風システムで温度管理されている。
中に進むとボダ木が三角形の形で積み上げられており、入り口わきに椎茸狩りの方法や注意点が書かれた大きな張り紙があります。
今回は内沼社長さんが丁寧に説明をしてくださいました。

⑨都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
 

≪内沼流:美味しい椎茸の見極めポイント≫

椎茸は冬子(どんこ)形と言って丸みをおびた形が好まれるが実はカサが十分に開ききったものがオススメ
これは野菜の完熟と同じくカサが開くと胞子を発生させるそのタイミングが椎茸にとって最も美味しい状態つまり完熟期になるということなのだそうです。

 
 
また早熟なものは軸が取れにくく十分にカサが開いていると軽い力でポロッと取れるとのこと。
論より証拠!!これは早速収穫するしかない。
 
 
いや待て、記事のために写真もしっかりおさえておかなければなりません。
はやる気持ちを押し殺しまずは椎茸のベストショットをパチリ!

⑩都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
 
ぱちりっ。

⑪都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
 
そして別の角度からもパチリ!

⑫都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
 
よし、写真もちゃんと撮ったしそろそろ完熟椎茸ポロリにいきたいな〜と周りの人を見渡すが!
まだ写真撮ってるし〜、玲蒼君と徹平君は食い入るように覗き込んでるし〜。
きのこ女子コイケさんは完全に椎茸に取り憑かれちゃってる感じで写真撮りまくってるし〜、

『も〜〜!早く収穫して食べようよ〜〜!』

食いしん坊な和田は頭の中も胃袋もすでに焼き椎茸モード全開。
よし、こうなればかまうことはない一足お先にフライングゲット!
 
 
それでは内沼社長さんの言い付けを守ってカサが開ききった椎茸を見つけて収穫。

⑬都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

!!

本当に簡単に穫れる、面白いくらい楽に穫れるぞ。
次は若干開きが浅い椎茸で試す、やはりかなり力を入れないと穫れない。

⑭都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

最初は形のいい椎茸を穫らせないために内沼社長さんがわざと言っているのかとも思っていたがさすが椎茸を知り尽くした方が言うことは間違いない。

『内沼社長さん、疑って本当にゴメンなさい。』

 
 
≪椎茸を収穫する市岡社長。完全にプロの目≫

⑮都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
 
≪楽しそうに収穫するきのこ女子≫

⑯都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
 
≪自分で採った椎茸を持ってポーズ≫

⑰都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
 
内沼きのこ園さんでは、通常は5回くらい椎茸を発生させると廃木にしてしまう生産者が多いと言われるなか1つの原木を倍の10回は使うそうで『原木の持つチカラは本当に凄いですよ。』この言葉がとても強く心の中に残りました。

⑱都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

きっと、ただ育てて売るという考えではなく育てた椎茸だけでなく原木にも水にも森や林にも心をくばり五感のすべてを使って丁寧な仕事をされているに違いない

ただただ頭の下がる思いでした。
 
 

椎茸焼き、いただきます!

 
 
たくさん収穫させていただいたところで再び受付に戻り検量します。
収穫した重さによって椎茸の料金を支払います。

⑲都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

お客様が椎茸狩りを楽しんでいる間に建物と隣接する椎茸焼き専用のハウスに火や食器、調味料などや用意されていて、席に着くと説明書を受け取り焼き方のレクチャーを受けます。
ここでも入り口の横に大きな掲示板があり、説明書を拡大した紙が貼られとてもわかりやすい。

⑳都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

手ぶらで来ても何から何まで至れり尽くせりである。

21都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

本当にサービスが行き届いていると感心しつつ、いよいよ待ちに待った椎茸焼きタイム。
まずは説明書にそって石突きの先端の硬いところをキッチンバサミを使ってカット、次にカサの根元をカットさらに石突きは縦に半分にします。
この下準備を済ませてから焼きの行程に移っていきます。

22都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
 
『内沼式』はカサのヒダのある方を下にして焼き始めます。

23都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

ここで市岡と露木の口から同時に「ヒダが上じゃね〜!」の声がポツリ。

実はきのこ問屋の社長と営業である2人はこれまでにも全国各地の椎茸生産者を訪れ、焼き椎茸をごちそうになってまいりました。
それら全てに共通する焼き方がカサを下にして焼き、ヒダの間から無数の玉状の水滴が出てきたら食べ頃というものでした。

いぶかし気な顔をしている2人をよそ目にヒダ側が程よく焼けた椎茸を裏返す和田、しばらくの間焼き網の上の椎茸に集中、うっすら焼き色がついたヒダの間から水滴が上がり始める。

24都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

やがて湯気も出始めた次の瞬間、和田の箸が動いた。
普段の仕事場では決して見せないスピード。

取り皿に乗せると、まずは素材の味がストレートにわかる塩でいただく。

『甘い、そして鼻に抜ける香りが清々しい!』

 
正直ここの椎茸を食べると、今まで食べてきた椎茸の味や香りが独特なもののように思われ、一段上の椎茸に出会ったと確信したのは私だけなのだろうかと感じた。
 
 
焼き網に乗せ始めれば火力の強い炭はどんどん焼ける、次から次へと箸が伸びる
調味料は塩とダシ醤油が用意されていてどちらもうまい。

今度は石突きだ!
特徴的な歯ごたえと旨味、どちらも甲乙つけがたい美味しさである。

25都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
 
 

カフェレストラン『ぴるつ』

 
 
焼き椎茸に舌鼓を打っていると、おもむろに市岡がカフェレストランのメニューを見始めた。

『せっかくだからカフェの料理も注文しない?』

2人の子供たちはきのこが苦手のようで全然食べられていない、見かねた市岡がカフェメニューを頼んでくれた。
焼き場ではカフェメニューはいただけないのでカフェに移動して注文。

26都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
 
大人たちは椎茸のアヒージョときのこピザ、子供たちはカレーライス。

待つことしばし、運ばれてきた料理はいい匂い。
さっき椎茸をいただいたのにまだまだいけそう。
 
 

≪椎茸のアヒージョ≫

27都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

最初は椎茸のアヒージョ、ニンニクの香りが鼻腔を刺激する。

やや小ぶりの椎茸ながらしっかりとカサが開いたものをまるのまま使い、香り付けのローズマリーをのせオーブンで調理したような仕上がり、やや淡い色のバゲットとサラダが添えられた一品。
当然のことながら椎茸からいただく、型は小さいが味はしっかりしていてニンニクとハーブの香り、味付けの塩味がバランスよく「うまい!!」唐辛子も使われているがさほど辛くはない。
マッシュルームを使うことの多いアヒージョであるが椎茸もありではないか、むしろ日本人には椎茸が口に合うようにも感じる。

28都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

次に付け合わせのパンにアヒージョを乗せていただく、外観はバケットのようであるが硬くなく中はもっちり食感である。
生地の状態の時レンジやヒーターで予備加熱し、オーブンで仕上げるときにアルミホイルで焼き色が着かないように覆うと、このような色が薄く柔らかなバケットができる。
おそらくそれに近い製法なのかもしれない。
玲蒼君と徹平君にすすめたら、パンだけおかわりスルスル。
これなら子供からお年寄りからまで食べられる。
 
 

≪きのこピザ≫

29都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

続いては、きのこピザ。
椎茸がたっぷり入ったピザで生地は薄めのクリスピー。
チーズはオリジナルブレンドと聞いていたが、クセのない種類を組み合わせたものと思われとてもさっぱりと食べやすい。
表面のあしらいは小ネギを使い椎茸とコラボするかのような和のテイストを漂わせている。
ひとつひとつやることが凝っていてシェフのこだわりが感じられる。
 
 

≪きのこカレー≫

30都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

そして子供達が待ちに待ったカレーが出てきた。
汁気が少ないのと色から察するにとトマトをベースにした感じというのが見た目の特徴、これもまた椎茸が具材に使われている。
あまり水を加えずに野菜の水分のみで煮込んだような仕上がりである。
2人に先に食べてもらい残りを露木パパがたべる。
「どんな感じ!」と聞いてみる。
露木いわく、辛さを引き立てる香辛料というより、いろいろな香りや味が重なり合った複雑で奥行きがあるスパイスの使い方をしている。
でも椎茸の存在が消し去られるような強さはないとのことである。
 
 

大人も子供も楽しんだ!

 
 
まだまだこれら以外にも美味しそうなメニューがたくさんあるが、そろそろお腹も程よく膨れてきた。
注文できなかったものは次回お邪魔させていただく時の楽しみに取って置こう。

全員満足した表情で帰り支度。
受付に戻り、お世話になったので内沼社長に皆でご挨拶。
 
 
『内沼きのこ園』今回は本当にお世話になりました。
椎茸狩りはとても楽しく、カフェの料理もとても美味しかったです!!

31都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

随所にこだわりが見え、きのこにとどまらずお客様にもきめ細かな気配りが感じられ、我々も仕事に求められる“ホスピタリティ”の良い手本とさせていただきたいと思いました。
 
 
3歳まで静岡県の山間地で育った和田にとっては田舎に帰って、壮大な山ふところに包まれ心から癒やされる時をおくることができました。

32都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

都内でありながら比較的アクセスも容易で、こんな近場で都会の喧騒から逃れられる所があることはきのこ好きだけでなく、本当にファミリーにオススメです。
 
 

内沼きのこ園、のまとめ

 

①内沼きのこ園さんは東京都内で有りながら自然豊かで手ぶらで椎茸狩りやバーベキューが楽しめます。
②内沼社長やスタッフさんが親切に対応して下さり、椎茸狩りの仕方から美味しい焼き方まで丁寧に教えてくれます。
③東京や神奈川・埼玉からアクセスも良いのでお子様連れのファミリーやカップルにもおススメです。

 
 
 

おまけ、圏央道で帰りました!

 
 
『内沼きのこ園』さんを後にした我々は、まず青梅駅にコイケハルカさんを送りそこから圏央道を目指しました。
15時開通を逆算し青梅ICではなくあきる野ICから圏央道に入り厚木方面に向かいます。
トンネルをいくつもくぐり八王子JCTを通過。

33都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

次に入る圏央道高尾山トンネルは文字通り高尾山の真下を通るトンネルで抜けるとすぐに高尾山ICである。
すぐさま腕時計に目を落とす15時11分、露木君の読みが的中!
先頭ではないが、ほぼ先頭集団の中にいるのは間違いない。
高尾山ICを過ぎると真新しい路面が目の前に現れます。

心なしかタイヤがアスファルトに吸い付くように、走りが安定してきたようにも感じる。

揺れも少なく遊び疲れた子どもは車内でぐっすり。

34都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん

あきる野ICから東名厚木ICまでの所要時間、法定速度をしっかり守って40分弱で到着しました。
会社に帰社し残務処理をしても、明るいうちに帰ることができました。
 
 



関連商品