野菜スープ『きのこたっぷりポトフ』【裕子先生のきのこスープレシピ】


 
 

働く女性は忙しい。

 
 
きのこ問屋ではたくさんの女性が働いております。
きのこの受注から生産者さんへの発注業務、きのこセットをパックする人、お惣菜を作る人、出荷準備をする人。

①野菜スープレシピ『きのこたっぷりポトフ』【裕子先生のきのこスープレシピ】

どの部署でも女性が大活躍している職場です。

きのこ問屋であなたの笑顔を活かしてみませんか?!
採用案内はこちら

・・・違った。ついつい求人広告みたいになってしまいました。
 
 
そんな女性達の多くは会社で大活躍した後、家に帰ってから家族の夕飯を作るんですから本当に頭が下がります。
 
 

◎◎◎でスープを簡単調理。

 
 

吉平裕子先生|きのこのじかん最近きのこスープレシピをバリバリ作っている裕子先生も働く女性の一人。

裕子先生はきのこ問屋の和総菜製造現場のリーダーから事務仕事までこなし帰る頃にはきっと疲れていると思いますが、そんな時に実践しているある裏技があるんだそうです。

 
 
その裏技とは・・・
 

炊飯器調理!

⑧【キノコダイエット】『えのき氷』を”いつもよりちょっと簡単に”作ってみよう!

~裕子先生のコメント~

炊飯器でスープ作り、働いている女性はもちろん、授乳をしているママたちにもとてもいいと思いますヨ!!
赤ちゃんが寝ている時に仕掛けておいて炊いておけばいつでもあたたかい野菜たっぷりのスープが飲めます。
お好みに応じてご飯やそうめん、うどんなどカップに入れて召し上がってもOK。
また離乳食のカミカミ期にもいいですね。
ママと一緒にお子様にもやわらかく煮えている野菜を潰して食べさせてみては?

 
 
なるほど、時間のある時に仕込んで炊飯スイッチを押しておけば熱々のスープが出来あがっているなんて炊飯器ってホント便利ですね。
忙しい女性の味方だわ!
 
 
炊飯器にはきのこのじかんの記事でもお世話になっております↓
えのき氷でキノコダイエット!えのき氷をいつもよりちょっと簡単に作ってみよう!
 
 
ということで今回の裕子先生レシピは炊飯器を使ってきのこと野菜たっぷりのポトフを作ってもらうことになりました。
 
 

ポトフ=おでん??

 
 
ポトフはフランスの家庭料理の一つでお肉と野菜やじっくり煮込んだ料理のこと。
いわゆる”洋風おでん”です。

塩や香辛料で軽く味付けした『スープ』と肉や野菜などの『具』をそれぞれ別皿に盛って食べる料理をポトフと呼んでいます。
(フランス語でpot-au-feu。英語に直すとpot on fireで”火に掛けた鍋”の意味)
 
 
そして煮込み料理にはダシの良く出るきのこがぴったり。

①西洋で煮物のダシ取りに良く使われるブラウンマッシュルーム
②日本のダシ取りきのこといったらコレ⇒生しいたけ
③煮込んでも食感が良いぶなしめじ

をたっぷり入れました!
 
 
 
裕子先生のきのこスープレシピ

野菜スープ”きのこたっぷりポトフ”

 

※炊飯器調理の注意事項

炊飯器の種類によっては調理に向かないものもあるようです。
炊飯器の取り扱い説明書をよく読んでいただき、調理に向かないと思った場合は鍋で調理して下さい。

 
 

【材料】4人前

ブラウンマッシュルーム:100g
生しいたけ:4枚
ぶなしめじ:50g
じゃがいも(中玉):2個
大根:50g
にんじん:50g
玉ネギ:1個
長ネギ:50~80g
鶏肉(骨付きでも骨無しでもお好みでOK。今回は手羽元):200g
しょうが:15g(しょうがが好きなら20g)
にんにく:2片
ブロッコリー:4房

水:1,000ml
コンソメ:1,000mlに対して適量
塩:3g(お好みで5g)
ブラックペッパー:少々

醤油:お好みで

③野菜スープレシピ『きのこたっぷりポトフ』【裕子先生のきのこスープレシピ】

【作り方】

①下処理

各材料をカットします。
ポイントは気持ち大きめにカットする事。

・ブラウンマッシュルーム・・・小ぶりなら丸ごと。大きければ1/2にカット。
・しいたけ・・・軸を取りカサを半分にカット
・ぶなしめじ・・・石突をカットし手でほぐす
・じゃがいも(中玉):皮をむき一口大にカット
・大根・・・イチョウ切り
・にんじん・・・半月切り
・玉ネギ・・・半分にカット
・長ネギ・・・斜め切り
・しょうが・・・千切り
・にんにく・・・皮をむく
 
 
②炊飯器に鶏肉を並べその上に野菜を入れていきます。

④野菜スープレシピ『きのこたっぷりポトフ』【裕子先生のきのこスープレシピ】

※ブロッコリーはこの時点では入れません。
 
 
③水1,000mlを入れ顆粒だし、塩、ブラックペッパーを入れます。

⑤野菜スープレシピ『きのこたっぷりポトフ』【裕子先生のきのこスープレシピ】

フタをして炊飯開始!

⑥野菜スープレシピ『きのこたっぷりポトフ』【裕子先生のきのこスープレシピ】

④ブロッコリーを下茹でしておく。

POINT:
ブロッコリーは炊飯時に入れてしまうと出来あがった時の色が悪く、つぼみがボロボロとれてしまいます。
別に下茹でして最後に入れましょう。
葉物を入れる時も同様に下茹でして最後に合わせます。

 
⑦野菜スープレシピ『きのこたっぷりポトフ』【裕子先生のきのこスープレシピ】

炊きあがりました。
フタをあけると湯気がぶわーっと立ち上り、きのこや野菜のいい匂い!

⑧野菜スープレシピ『きのこたっぷりポトフ』【裕子先生のきのこスープレシピ】

⑤下茹でしておいたブロッコリーと炊きあがったスープをお皿にきれいに盛りつけて出来あがり!

⑨野菜スープレシピ『きのこたっぷりポトフ』【裕子先生のきのこスープレシピ】
(お好みでお醤油などで味を調節して下さい。)
 
 

≪裕子先生の調理ポイント≫

骨付き鶏肉などは骨から肉がポロッと離れるくらい柔らかく煮えます。
マッシュルームは丸ごと入れたり、ジャガイモもサイズによっては丸のままいれても大丈夫。
野菜やきのこがゴロゴロしていた方が歯ざわりが良いし美味しいです。
きのこと野菜と鶏肉のダシが出ていてとても美味しいスープ。
しょうがの香りがアクセントになります。

今回は洋風ダシ(コンソメ)を使いましたが和風ダシに変えたら和風ポトフ、トマト2個を入れておけば洋風トマトポトフにもできます。
きのこと野菜で11種類入っていますが、冷蔵庫に残ったきのこや野菜などなんでもOK!

炊飯器で簡単に作れるのでぜひ試してみて下さいね♪

 
 

働く主婦、篠田の感想

 
 
~きのこ問屋で営業事務として働く篠田の感想です~
 
 
だしの相乗効果かな。
スープがとても美味しいです!

手間がかからなくて美味しいって主婦にとって最強ですヨ。
とくに味付けが最高でした。

⑩野菜スープレシピ『きのこたっぷりポトフ』【裕子先生のきのこスープレシピ】

朝セットしておいて帰ってきたら出来上がっているんだから楽ちん!
私みたいに働いている主婦にはもってこいのレシピだと思います。

ぜひ裕子先生に習って作ってみまーす。
シェフの旦那に褒められちゃうかも?!
 
 
ということで忙しい女性のみなさん、時間を有効活用して炊飯器スープぜひチャレンジしてみて下さい!
 
 

野菜スープ『きのこたっぷりポトフ』、のまとめ

 

①働く女性は忙しい!(子育てママも!)
②炊飯器なら時間のある時に仕掛けておけばいつでも熱々のスープが頂けます。
③炊飯器調理したきのこたっぷりポトフ、ダシが良くでて美味しいです!

 
 



関連商品