きのこ問屋営業マンが今年見た天然きのこ 勝手にBest3【2015年】


 
 

2015年は菌運が良かった

 
 
2015年を振り返ると今年は非常に菌運が良かったです。
初めてのきのこにたくさん出会えたり、家の敷地内にきのこ生えたり、今年のきのこは熱かった!(自分的に)
いろいろ教えて下さった菌友(きんゆう)さんたちの存在が大きかったのと、菌神社(くさびらじんじゃ)でお参りしたのも良かったのかもしれません。
菌神さん、菌友さん、ありがとうございました!
 
※『』=くさびらと読み、一文字できのこの意。菌神社はきのこの神社なんです。
 
 
5月下旬ごろ、滋賀県栗東の菌神社にて

①神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
②神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
今年のきのこイベント成功と菌運を願う

③神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
 
ということで、今年見た天然きのこの中でも特に印象に残った、感動したきのこベスト3を勝手に発表したいと思います!
”神奈川県伊勢原市の会社員が見たきのこ”として、皆様のきのこ散策の参考になれば幸いです。
 
 

3位 春のきのこの代名詞

アミガサタケ

 
⑭春きのこ、アミガサタケを探そう!

穴がポコポコ開いたような網目状のカサを持ち、きのこを見慣れない人は気持ち悪いと思う事もあるらしいのですが、良く見ると可愛いですよね?
海外では高級食材として流通するアミガサタケ、菌友さんたちのおかげで今年初めて見ることができました!
山中より緑地や公園、遊歩道脇などに生えることが多いきのこです。
 

3月下旬、東京の公園の遊歩道に生えていたトガリアミガサタケ。

⑤春きのこ、アミガサタケを探そう!
 
4月にはきのこ同好会の散策でどっさり収穫できました!
(左がアミガサタケで右はハルシメジ)

⑯春のきのこ狩り。高級きのこモリーユを探せ!
 
上の2枚の写真を見比べてると色がずいぶん違います。
黒っぽいアミガサタケと黄色いアミガサタケ、カサが尖ったトガリアミガサタケなど、アミガサタケは数種類あるそうです。

愛犬の散歩コースの小高い丘の公園でも黄色いアミガサタケを見ることができました。

アミガサタケはおいしい食菌で炒めたりクリームスープにしていただきました!

【記事】
春きのこ、アミガサタケを探そう!
春のきのこ狩り。高級きのこモリーユを探せ!
 
 

2位 家に生えた珍菌?!

ツマミタケ

 
④神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】

2位は家(神奈川県秦野市)のひまわり畑にニョキッと生えたきのこ”ツマミタケ”。
家にきのこが生えると思って無かったのでかなり印象に残りました。

なんじゃこりゃー?!

⑤神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
白い卵からピンク色の柄に真っ赤なカサ(?)が生えています。
このカサが指をつまんだような形状をしているのでツマミタケと言うそうです。

成長するにしたがってだんだんカサが開いてきます。

⑥神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
ツマミタケの周囲をよく見ると白い卵状のものが。
もしかしてツマミタケの卵?!

⑦神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
家の敷地内ということで定点観測カメラ『レコロ』くんで撮影してみました。

⑧神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
こちらがその動画。
ツマミタケがぐんぐん成長する姿を捉えることができました。


 
 
 
そして今年最も印象に残ったきのこは?!いよいよ1位のきのこの発表です。
 
 

1位 重量級の極旨きのこ!

アカヤマドリタケ

 
⑨神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】

でっかいんです!
子供の顔くらいじゃなくて、本当に子供の顔と同じ大きさです。

⑩神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】 

イベントに使わせてもらうきのこ盆栽の宣材写真を撮影するため”きのこ盆栽家”渋谷 卓人さんと埼玉の緑の多い公園に行ったところ、天然きのこが大量発生していました。

キタマゴタケに始まりヤマドリタケモドキ、ヒトヨタケ、アイタケ、テングタケ・・・
2人とも大興奮で写真撮りまくりました。

そこで見つけたきのこの中でも一番の大物アカヤマドリ!
この光景を見たときは心臓がどきーんと高鳴りました。

⑪神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
アカヤマドリを一つ持ちかえり、レッツクッキング!
水洗いしようと鍋に入れたらアカヤマドリ1つで鍋が埋まる。

⑫神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
包丁の刃よりもでかいっす!

⑬神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
ぐつぐつ煮込んで・・・

⑭神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
味噌汁にしました!

⑮神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
これがまたトロミが出て、しかもアカヤマドリの濃い旨味でとてつもなく美味しいお味噌汁に!
大きさ、見た目、味とも感動したきのこでした。
 
 
 

2015年に見たきのこ

 
 
さて、ベスト3の発表は終わりましたがまだまだ今年出会ったきのこはたくさんあります。
とても全部は紹介しきれないので、いくつかピックアップしてみました。
 
 

ツチグリ(3月~11月)

 
地面に落ちている木の実やドングリの仲間かな?という見た目をしていますがれっきとしたきのこ。
中央の穴から粉状の胞子を吹き上げます。

『これ砂だね!』と子どもが言っておりますが、胞子です。
秦野の登山道や小高い公園などでよく見かけました。

ツチグリの外側の皮は雨が降ると開き、乾くと閉じるという性質があります。
 
 
雨上がりで開いている状態

⑯神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
乾いてきて閉じている状態。※上とは別の個体です。 

⑰神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
このきのこ、英語の俗名はアース・スター(Earth Star)、”地上の星”です。
海外の方はロマンチスト。
 
 

カンゾウタケ(5月)

 
これも菌友さん達に案内してもらい初めて見ることができたきのこです。
木から生える赤色のきのこでその名の通り肝臓っぽい形状をしています。

⑱神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
海外では『牛の舌』『貧者のステーキ』とも呼ばれています。
確かに牛の舌にも見えます。

木のウロ(穴)から生えていました。

⑲神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
カンゾウタケは見た目はグロテスクですが数少ない生食できるきのこです。
ということでサラダでいただいてみました。

⑳神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
見た目はお肉っぽいですが、食感・味はまったく違ってヘルシーな感じがします。
ボソボソしてて口の中でパキパキ折れます。
味は淡白でちょっと酸味がある感じ。
ドレッシングをかけたら一気に味がわからなくなりました。いかん!
 
スライスしたカンゾウタケはジャーキーにも見える。
これが『貧者のステーキ』の由来ですね。

21神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
ヨーグルトに入れるとおいしいと菌友のすすめ。
見た目はベーコンをヨーグルトにinしているようだ。。

22神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
混ぜているとカンゾウタケから赤い汁が出てきてヨーグルトにほんのり味が付き、意外に美味い。
見た目は悪いですがコレはアリでした!
 
 

南信州 駒ケ根 きのこの群生(6月)

 
南信州には結構お取引させていただいているきのこ生産者様がいます。
仕事を終え駒ケ根のホテルに宿泊し、翌朝ホテル前を散歩していたらきのこが大量発生していました!

さすがきのこ王国の長野県。
この群生、『どんぐりと山猫』に出てくるドッテコドッテコと歌っていたきのこ達を思い出しました。

23神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
 

カッパツルタケ(6月)

 
ツルタケは近所でも良く見かけるきのこです。
茶色や灰色のカサにきれいな条線が走っています。
 

ツルタケ

24神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
25神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
その中でも個性的なツルタケを見かけました。
カサのてっぺんが平らになっていてその部分には条線がありません。

26神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
これを河童の皿に見立て、カッパツルタケと言うんだそうです。
カッパツルタケを上から見た写真。

27神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
 

ノウタケ(7月)

 
緑の多い公園の道に落ちているコッペパン。
・・・ではなくてノウタケというきのこです。

28神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
脳みそのような形をしているから脳茸です。

手触りがポフポフしていて、割いてみてもふっくらしたパンみたいな感触です。
キノコナイトVol.5糞土師の伊沢さんが野外でお尻をふくのに一番適しているのはノウタケだ、という話をされていてそれが非常に印象が残っています。
(ここだけ聞くと変な話みたいですけど、非常に感慨深い、人間の生き方を考えさせられるようなお話でした)
 
 
ノウタケの老菌

29神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
ノウタケの食べ方で試してみたいものがあるんです。
健啖隊(けんたんたい)の隊長さんがアップした動画でとても参考になります。

来年見つけたらやってみたいと思います。
 
 

ドクツルタケ(7月)

 
白くて可憐、可愛らしいきのこですがその名の通り毒きのこです。
1本で大人が死んでしまうほど強力な毒を持っている(しかも内臓から破壊しじわじわと苦しめて死に至らしめると言う惨い毒)きのこですが、毎年近所でたくさん見られます。

30神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
怖いきのこですが見るだけならすごく可愛いく、目を楽しませてくれます。

31神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
ちなみに僕が見ているのはニオイドクツルタケアケボノドクツルタケという亜種で本物のドクツルタケは標高の高い所に生え、結構大きいのだそうです。

きのこ大好き小学生のひかる君が教えてくれました!


 
 

埼玉の公園のきのこ(7月)

 
渋谷さんとアカヤマドリを見つけた公園ではその他にも多種のきのこを見ることができました。
 

ヤマドリタケモドキ

32神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
33神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 

キタマゴタケ

34神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
35神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 

テングタケ

36神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
37神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 

ヒトヨタケ

38神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 

アイタケ

39神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 

ヘビキノコモドキ

40神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】

などなど。
苔の上にはきのこの楽園が広がっていました。。こんな公園近くにほしいわ!

41神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
 

マツオウジ(8月)

 
吉祥寺の井の頭公園を歩いていたら作り物みたいなきのこが切り株から生えていました。
マツオウジというきのこみたいです。

42神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
 

ヤマドリタケモドキ(9月)

 
横浜の緑が多い公園の斜面にヤマドリタケモドキが群生していました。

43神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
山の中や雑木林というわけではなく、子供が遊んだり犬の散歩してる芝生エリアすぐ横の斜面で、こんなとこに?!と思いました。

44神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
きのこの王様ポルチーニの近縁種でとっても美味しいキノコなんです!
大型のポルチーニがポコポコ生えている光景には興奮しました。

45神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
 

富士山のきのこ(9月)

 
ここのところ毎年恒例となりつつある富士山きのこ散策。

今年も出会えました、ベニテングタケ
赤いカサに白いイボの可愛らしいきのこですが、実は毒きのこ。
白樺の木の周りに生える事が多くたぶん神奈川では見られません。

⑫ベニテングタケは可愛いきのこ!富士山で出会ったきのこたち
 
その他にもクロカワ、ホウキタケ数種類、きれいで大きいタマゴタケ、ウスタケなどに出会えました。
 
【記事】
ベニテングタケは可愛いきのこ!富士山で出会ったきのこたち
 
 

タマゴタケの群生(9月)

 
家(神奈川県秦野市)から車で10分の場所にある緑地公園。
公園と言っても小さい山と言っていいくらいで、奥に入ると山道のような道があります。

ここにタマゴタケが大量発生していました!

46神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
赤いカサに白いツボ、軸はオレンジ色で派手な見た目から毒きのこでは?と思われがちですが美味しい食菌です。

47神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
幼菌のでっかいのとか、カサがきれいに開いたタマゴタケがあっちにもこっちにも!

48神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
49神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
大収穫でした!

50神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
トマトじゃないですよ。タマゴタケのカサ。

51神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
オレンジ色の軸。

52神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
軸は包丁なしでパキパキ割れます。

53神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
タマゴタケの軸のクリームスープを作っています。

54神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
カサはハンバーグに載せて。

55神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
炒めたタマゴタケをご飯に乗せ、卵を溶きいれたタマゴタケご飯

56神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
ホイル焼きを加えてタマゴタケフルコースを堪能しました!

57神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
【記事】
タマゴタケの発生エリア・発生時期をTwitterで読み解こう!
 
 

カベンタケ(10月)

 
9月に続き10月にも富士山にきのこ散策にいきました。
9月は吉田口で今回は須走口から。

5合目の山小屋のお兄さんが言うには『ちょっと遅かったねぇ』
1ヶ月早ければかなり多種類のきのこが見られたそうです。

この日はカベンタケがたくさん見られました。

58神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
なお、須走口5合目の東富士山荘さんはきのこメニューが豊富な食堂でもあります。
きのこラーメン、美味しくいただいてきました!

59神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
 

ホコリタケ(10月)

 
軽井沢できのこを見てきました。
目的は『エブリコ』さんという天然きのこのコース料理が食べられるお店のディナーで、その前にちょっときのこ散策。

ホコリタケがたくさん生えていました。
ホコリタケはまーるい形でてっぺんに穴が開いていてそこから粉状の胞子を吹き出すきのこです。

60神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
老菌?黒いホコリタケ

61神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
ホコリタケの菌輪。といえないくも無い?

62神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
背の高いホコリタケ?

63神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
が群生していました。

64神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
さすがにこれはキモイ!

65神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
別荘地にはニガクリタケ(毒)が生えていました。

66神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
 

スッポンタケ、家に生える(11月~12月)

 
家にまた変なきのこが生えました!
ツマミタケが生えていたまったく同じポイントに生えたのはスッポンタケ

畑から軸だけピーンと生えてて。

67神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
よく見たらカサが落ちてました。

68神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
偽装工作した(軸にカサを乗せた)スッポンタケ。

69神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
スッポンタケはカサにあたる部分をグレバと言い、そこに粘液がついていてその匂い(かなり臭い)で虫を呼び寄せ虫に胞子を運ばせます

くちゃいー!ちなみに2週連続で生えました。

70神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
臭いんですが実はこのきのこ、食べられます
と言うことで研究のため?食べみました!

まずは水で良く洗い流します。
グレバの粘液を落とすと下地は真っ白でした。

71神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
そのままでは臭いと思われるので一度湯通しします。

72神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
スッポンタケ、和風のおつゆに入れてみました。

73神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
軸はシャクシャクして不思議な食感です。
味はそんなに感じませんでした。

が、グレバ・・臭い!!
湯通ししてもダメでした。
噛むと何とも言えない臭みが鼻に抜けていきます。

教訓:スッポンタケのグレバは食べない方が良い!
 
 

クチベニタケ、ツチグリ(11月)

 
福井県敦賀市で行われたきのこイベントに出演させていただいたのですが、同じイベントに参加していた兵庫県立御影高校きのこ部(正式には環境科学部生物班)の生徒さんたちと、思いがけず一緒にきのこ散策しました。

74神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
30分程度でしたがツチグリクチベニタケ、茶色いきのこを見つけました。

75神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
76神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
77神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】

高校生でも一つの分野に打ち込んでいる人は芯がありしっかりしている気がします。
きのこ部の皆さんの将来が楽しみです!
 
 

ムラサキシメジ(11月)

 
神奈川県秦野市の峠の中腹、落ち葉が多い林の中で見つけた紫色のきのこ。
晩秋のきのこと言われるムラサキシメジでした。

78神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
このきのこが見られるようになるときのこ散策のシーズンはだいたい終わり。
最後まで目を楽しませていただきました。
 
 

番外 ヤコウタケ(5月)

 
 
これは天然キノコでは無いのですが、今年は光るきのこを見ることができました!
岩出菌学研究所さんから発売されたヤコウタケ栽培キット
きのこ問屋の事務所内で無事ヤコウタケが生え・・・

79神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】
 
光らせることができました。思ったより強く光ります!

⑰光るキノコ、ヤコウタケ栽培キットに挑戦!
 
これには感動しました!

⑲光るキノコ、ヤコウタケ栽培キットに挑戦!
 
八丈島では天然の光るきのこ、ヤコウタケシイノトモシビタケが自生していて、いつか見に行きたいと思います。
 
【記事】
光るキノコ、ヤコウタケ栽培キットに挑戦!
 
 
 

2015年のきのこ散策、総括

 
 
2015年は今までの人生の中で一番たくさんのきのこに出会えた一年でした。
振り返ってみると要因は、もうなんといっても菌友が増えた事です!

一緒にきのこ散策に行ったり、きのこの特徴や生えそうな場所などの話をする事で”きのこ感”が養われ、だんだん自分でも見つけられるようになってくると実感しました。
本当に菌友達に感謝です!

来年も見つけられるきのこの種類とともに、菌友の輪を増やして行きたいと思います。
(もちろんこれからきのこ好きになりたいな・・・と考えている方も大歓迎です!)
 
 
最後に皆様方の来年の菌運が良いことを願って2015年最後の記事を終わりにしたいと思います。
今年もきのこのじかんにお付き合いいただきどうもありがとうございました。
 
 



関連商品