原木しいたけ栽培キット ミニサイズ『御菌木(ごきんぼく)』

4063

原木しいたけ栽培キット『御菌木(ごきんぼく)』 (4063)

御菌木 1本

¥980 矢印 ¥980

2本

¥1,960 矢印 ¥1,900

3本

¥2,940 矢印 ¥2,700

5本

¥4,900 矢印 ¥4,200

8本(送料無料)

¥7,840 矢印 ¥6,000

 
 

原木椎茸栽培キット『御菌木』

 
 

御神木に神さまが宿るように原木には不思議な生き物“菌”(くさびら)が宿っています。
小さな幸せを分けてくれる原木椎茸をご家庭で育ててみませんか?

 

≪御菌木≫セット内容

②原木しいたけ栽培キット ミニサイズ『御菌木』

・御菌木(植菌済み原木) 1本
・栽培皿 1つ
・透明のビニール袋 1枚
・御菌木 栽培の手引き 1枚

 
 

ミニサイズの椎茸栽培キット

 
 
原木栽培で育てた椎茸はホダ木から自然の栄養を吸いながらじっくり育ち、味・香りの良い椎茸になります。
ただ、椎茸の栽培に使用する原木は大きくて重たく、気軽に栽培できるものではありませんでした。
 

≪大人の男でも持ち上げるのが大変なほど重い原木も≫
①原木椎茸 栽培キットに挑戦します【準備編】

そこでご家庭でも気軽に栽培できるミニサイズの原木椎茸栽培キットを作りました!
 
 
ミニサイズの原木椎茸栽培キット『御菌木(ごきんぼく)』は高さ15㎝、1本の重さは約200~300gのとっても小さなキットです。
500ミリリットル入りのペットボトルより軽いので片手で簡単に持ち運びできます。
 

≪きのこ問屋の事務員が持った感じ≫
③原木しいたけ栽培キット ミニサイズ『御菌木』
 
 
商品が届いたら水に1日浸けて乾かないように管理していけばだいたい1週間程度で椎茸の芽が出始めます。
おうちで原木椎茸栽培を始めてみましょう!
 
 

御菌木(ごきんぼく)って?

 
 
美味しい食材である椎茸は、縁起ものとしても扱われてきました。
原木椎茸を乾燥させた干し椎茸は昔から神様へのお供え物として重宝されています。

②【送料無料】乾燥椎茸どんこ(愛媛県産) 国産の美味しい原木椎茸です!

木から芽を出し上に向かってぐんぐん成長する椎茸は縁起が良く、また”芽が出る”と言うところから『愛でる』『おめでたい』を連想します。

お節料理の煮物にも椎茸が使われますがこれは椎茸のカサを陣笠に見立てていて今年も元気に過ごせますようにという願いが込められています。
 
 
日に日に大きく成長する椎茸を見ていると、育てている人自身も椎茸から元気をもらったような気になる事があります。

③原木しいたけ栽培キットで定点観測動画と胞子が飛ぶ様子を撮影しました

物言わぬきのこですが、育っていく椎茸に話しかけてしまったり、きのこ以上の何かに思える瞬間が確かにあるんです。
ご神木に神さまが宿るように原木には不思議な生き物”菌”くさびらが宿っています。

神様のように、とはいかなくても、ぜひ友達のように愛でながら栽培してください。
 
 

御菌木、栽培の手引き

 
 
商品が到着しましたら出来るだけ早く、数日のうちにセットをお願いします。
椎茸は生き物です。長期間放置すると椎茸の菌が乾いてしまい発生しづらくなる事があります。
 

≪御菌木セット方法≫

 

①御菌木ののしを外しバケツなどに入れ冷水に沈め24時間そのまま浸けておきます。
この時、原木が完全に水に浸かるようにしてください。

④原木しいたけ栽培キット ミニサイズ『御菌木』
 
 

POINT:椎茸発生のためのスイッチを入れる!

原木を水に浸けること = 椎茸が生えてくるスイッチを入れること、です。
 
1.水分が原木に浸透する刺激
2.外気と水温の差による刺激
 
ダブルショックを与えることで『そろそろ子孫を残さなければ』と菌に思わせ椎茸の発生を促します。
そのため浸水には13~18℃くらいの冷水を使って下さい。

ちなみにプロの椎茸農家は浸水に加え、原木を叩いたり電気ショックを与えたり様々な工夫をこらし椎茸発生のスイッチを入れています。

 
 
②原木を水から出し、付属の栽培皿に2㎝くらい水を入れそこに立てます。
栽培皿ごとビニール袋で包み(保湿のため)、直射日光の当たらない涼しい場所で管理します。
温度が30度以上にならないようにご注意ください。

⑤原木しいたけ栽培キット ミニサイズ『御菌木』
 
 

日々の管理方法

 
 
湿度を保つため1日1回は霧吹きで水をあげてください。

⑥原木しいたけ栽培キット ミニサイズ『御菌木』
 
浸水による刺激が上手くいっていればだいたい1週間程度で椎茸の芽が出てきます。
芽が出ても袋内が窮屈になるまではビニール袋を掛けたまま栽培します。
個体差もありますが、だいたい10日程で収穫できるようになります。
 

≪収穫は手で軸の根本をつかんで軽くゆすると簡単に採れます≫
④原木しいたけ栽培キットで定点観測動画と胞子が飛ぶ様子を撮影しました
 
収穫したらぜひその日か翌日に食べてみて下さい。
採れたてはジューシーでとても美味しいですよ!
 
 

胞子の飛ぶ様子を撮影してみよう

 
 
自分で栽培した椎茸、せっかくなので胞子が飛ぶ様子を撮影してみませんか?
家にあるもので簡単に撮影することが出来ます。
 

≪用意するもの≫

・懐中電灯などの光源
・ビデオカメラ(スマートフォンや携帯電話のカメラでOK)

 
部屋を暗くし大きく育った椎茸に光を当てると、煙のように舞う胞子を見ることが出来ます。
光の当て方によって見え方が変わってくるのでいろんな角度で試してみてください。
 
 
≪きのこ問屋で撮影した胞子が飛ぶ様子≫


 
 

椎茸栽培 Q&A

 
 

椎茸の芽が出てこない時は?

浸水後1週間経っても椎茸が生えてこない場合は原木が乾燥していた可能性があります。
その場合、もう一度13~18℃くらいの冷水に浸水してセットして下さい。
 
 

外気が暑い時は?

外気温が高い時にはビニール袋に原木を入れ、その中に水を入れて封をし冷蔵庫で10~15時間ほど冷やしてから管理すると発生しやすいです。
水が漏れないようにお気を付けください。
 
 

そもそも原木栽培ってなに?

椎茸は原木栽培菌床栽培という2通りの栽培方法があります。
 

原木栽培とは・・・

山の斜面や林の中に1mほどに切られた木が並んでいるのを見たことはありませんか?
それは原木栽培をしているのかもしれません。

⑪原木しいたけ 栽培キット 生えないときの対処法【トラブル編】
 
原木栽培は伐採した木(主に広葉樹)に椎茸の菌糸を打ち込んで栽培する方法です。
一般的に原木椎茸は風味が良いと言われています。
 

菌床栽培とは・・・

現在、きのこ栽培の主流はこちらの菌床栽培です。
オガクズや麦皮などを水と一緒に練り込んで作った菌床にきのこの菌糸を植えて栽培する方法です。

②”しいたけブラザーズ”さんできのこ狩り体験してきました!
 
原木栽培に比べ短期間でたくさん収穫するのに向き、一年中いつでもきのこが食べられるのはまさに菌床栽培のおかげです。
 
 
上述の通り原木で栽培した椎茸は風味の良さが特徴です。
特に採れたて原木椎茸は水分がありプリップリジューシーで最高に美味いんです!
自家栽培ならではの味をお楽しみください。

24都内できのこ狩り&バーベキュー!大人も子供も楽しめる青梅の内沼きのこ園さん
 
 

椎茸栽培2回目に挑戦!

 
 
収穫が終わった原木は2カ月ほど日陰で雨の当たる場所(下は土が好ましいです)に立てて休ませてあげることで2回目の発生に挑戦できます。
休ませた後はセット方法に従い、また浸水してからビニール袋に入れて管理して下さい。
 
 

原木サイズと重量

 
 
≪長さ 約15㎝≫

⑦原木しいたけ栽培キット ミニサイズ『御菌木』
 

≪直径 約5~6㎝≫

⑧原木しいたけ栽培キット ミニサイズ『御菌木』
 

≪重量約200~300g≫

⑨原木しいたけ栽培キット ミニサイズ『御菌木』
 
 
※万が一、2回浸水操作を行っても発生しなかった場合はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※期間限定販売は3月31日までとなります(気温が上がると椎茸が生えにくくなるため)。
※北海道別途300円/沖縄別途500円の送料が掛かります。
※ギフトでご利用いただく機会が多い商品のため、特にご要望が無ければ納品書・明細書は同封していません。
納品書が必要な際はお手数ですが備考欄にその旨をお書き添え下さい。

 
 


この商品を買った人はこんな商品も買ってます!