冬虫夏草(トウチュウカソウ)を探そう!


 
 

冬虫夏草との出会い

 
 
初夏の頃、きのこ問屋のある神奈川県伊勢原市の公園できのこ散策していると、小さめの白いきのこが目に飛び込んできました。
おぉ、きれい!と惹きつけられました。

①冬虫夏草を探そう!

今話題の粘菌(ねんきん、きのこと似ているのですが動き回ったりする!)かなと思い詳しい方にお問い合わせしてみたところ『粘菌じゃなくて冬虫夏草(とうちゅうかそう)だろう』とのこと。

なんと、冬虫夏草だったのか。
もっとグロテスクな物を想像していましたがとてもきれい!

これが冬虫夏草との初めての出会いでした。
 

 

≪冬虫夏草とは≫

虫に寄生して発生するきのこ。
冬は虫だったのに夏は草(きのこ)になっていた事が語源。
本来はオオコウモリガの幼虫に寄生するきのこを指し、漢方の薬としてかなり高価な物です。
アリやトンボなど他の虫に寄生したきのこも冬虫夏草とまとめて呼ぶ事もあります。

これは食用として販売されているサナギタケ(栽培品)
①冬虫夏草(トウチュウカソウ)の食べ方、煎じ方【きのこ専門 通販】
リンク:きのこのじかん サナギタケ販売ページ

 
 
今回たまたま見つけたのはオサムシタケという冬虫夏草でした。
ある人がオサムシタケの写真を見て虫の魂が飛び出しているみたいと言っていたのが印象的。
たしかに不思議な美しさがあります。
 
 

横須賀でクモタケ発見

 
 
オサムシタケを見た翌週、三浦で仕事をしてからの帰り道、横須賀パーキングエリアにトイレ休憩に立ち寄った時のことです。
パーキングエリアの植え込みのところにふっと目をやると、棒状のものがにょきっと突き出ているのが見えました。

②冬虫夏草を探そう!

地面に埋まった枝に見えなくもないですがちょっと違う雰囲気があり、棒に触るとふっとホコリの様なものが舞いました。
これ胞子だ!とピンときました。

Twitterでこれ冬虫夏草?と問いかけたところ詳しい方から返信が!
(余談ですがわからないきのこがあった時はTwitterに投稿してリアクション頂いた方のご意見を参考にさせて頂いております。いつもありがとうございます!)
 


 
横須賀パーキングエリアで生えていたのはクモに寄生する冬虫夏草クモタケでした。
2週連続で冬虫夏草に偶然出会ったことで、俄然興味が沸いてきたのでした。
 
 

キノコナイトvol6は虫草ナイト?

 
 
7月17日にお台場で開催されたきのこイベント『キノコナイトvol6』
きのこ女子 とよ田キノ子さんが主宰で今年で6回目を数えます。
とよ田さんを筆頭にきのこを愛しすぎている方々が登壇し、お客様はきのこメニューを食しながらお話しを聞くという超濃厚なきのこイベントです。

③冬虫夏草を探そう!

そのキノコナイト、vol6は冬虫夏草に繋がる内容が多かったんです。

登壇者の一人はがっつり冬虫夏草の専門家である大塚健佑さん。
大塚さんは以前きのこのじかんでも記事を書かせていただいた、伊豆修善寺で開催された冬虫夏草展を主催された方でもあります。

④冬虫夏草を探そう!
参考リンク:きのこがアリの脳をコントロール?!冬虫夏草展に行ってきました
 
 
また『oso的キノコ擬人化図鑑』を出版されているイラストレーターのosoさんも冬虫夏草にはまっているそう。
タイワンアリタケなど冬虫夏草の擬人化キャラクターもスクリーンに映し出されていました。

主催者とよ田キノ子さんは『きのこ×ホラー』の話だったんですが、人間に寄生するきのこ映画など冬虫夏草っぽい話が目白押し。

⑤冬虫夏草を探そう!

なんだか冬虫夏草、流行って来てません?!
 
 

冬虫夏草のツボ

 
 
そんな冬虫夏草ブーム(?)の中、ついにきのじかスタッフ露木も菌友と冬虫夏草を探しに行く機会に恵まれました!
ターゲットの冬虫夏草は沢沿いの土手などに発生しやすく、鮮やかなオレンジ色をしているので比較的見つけやすいそうなんです。

⑥冬虫夏草を探そう!

菌友が過去にそのオレンジ色の冬虫夏草を見つけたツボにご案内していただきました。
(同一のきのこが発生しやすいポイントを”シロ”と言いますが、冬虫夏草の場合は”ツボ”と言うのだそうです)

足元に注意しながらじりじりと沢を登っていきます。
冬虫夏草は小さい物が多いので、スローペースで歩かないと見逃してしまいます。

意外と発見できず、ちょっと焦り始めたころ・・・
あった~!!と菌友が一つ目を発見しました。

針金の様な物が地面からびよーんと伸び、その先がオレンジ色になっています。

⑧冬虫夏草を探そう!

これが目的の冬虫夏草カメムシタケです。
 
 

カメムシタケ・ハント

 
 
うーん、自然の色とは思えない鮮やかなオレンジ。
これがカメムシタケか。

⑦冬虫夏草を探そう!

針金(ストローマというそうです)の先をおそるおそる掘り返してみると虫の部分が出てきました。
冬虫夏草は途中で切れないように掘り出すのが大変!という話を聞いた事がありますが、どうやら種類によるようでカメムシタケは簡単に掘り出せました。
緑色のカメムシだ!

⑨冬虫夏草を探そう!

ほぼ完璧に虫の姿のまま残っています。
かっこいい!(虫嫌いの人すみません)
その後もカメムシタケをいくつか見つけることができました。

⑩冬虫夏草を探そう!

一度見つけるとオレンジ色が目に付いて、だんだん見つけられるようになってきます。
おしっ、自分でも見つけられるようになってきた!

2本生えているカメムシタケ。
⑪冬虫夏草を探そう!
 
 

他の虫草も探したい

 
 
きのじかスタッフの周りの菌友たちもかなり虫草にはまっています。
(きのこクラスタの間では冬虫夏草を縮めて”虫草”と呼ぶこともある)

先日は菌友ときのこ狩りに行った山でサナギタケを見つけました。
これは一緒にいた菌友が見つけた松ぼっくりの中にいるサナギから発生したサナギタケ。

⑫冬虫夏草を探そう!

大きいきのこが沢山生えているのに、小さい虫草に一喜一憂する菌友。
やっぱり冬虫夏草ブームが来ているみたいです!

⑬冬虫夏草を探そう!

掘り返した虫部分。

⑭冬虫夏草を探そう!

今年見た冬虫夏草以外にもセミタケやアリタケ、ヤンマタケなど、まだまだいろんな虫に寄生したきのこがあるそうです。
特に修善寺の冬虫夏草展で写真を拝見したヤンマタケがカッコいいんですわ、絶対見たい!

⑥きのこがアリの脳をコントロール?!冬虫夏草展に行ってきました
 
どうやら冬虫夏草の魅力に惹かれ、深い世界への第一歩を踏み出してしまったようです。
じわりじわり虫草の菌糸に醸され始めているきのじかスタッフでした。
 
 

冬虫夏草、のまとめ

①冬虫夏草は虫に寄生したきのこの総称
②カメムシタケは比較的見つけやすい冬虫夏草の一つ
③冬虫夏草は今ブームが来ている!かもしれない・・・

 
 



関連商品