5月24日は菌活の日!最強菌食レシピ『きのこたっぷり納豆汁』


 
 

5月24日は菌活の日

 
 
5月24日は菌活の日(きんかつのひ)って知っていますか?
2016年にきのこ栽培大手のホクトさんが記念日を司る一般社団法人日本記念日協会に申請し正式に認定された記念日です。

日本記念日協会さんのHPによると最初に「菌活」という言葉を生み出したのがホクトさんとのこと。
2013年の5月24日にテレビCMで初めて菌活という言葉を使ったことから、この日が菌活の日となりました。
 

≪ホクトさんのキャラクター、エリンギくんときのじかスタッフの想い出の写真≫

③きのこキャラクターは何人いる?リサーチ編

きのじかスタッフ露木も普段きのこを含む”菌”を積極的に食べる菌食を実践しているので菌活の日は大賛成!
ぜひ5月24日は菌活の日と覚えて下さいませ!
 
 

そもそも菌活ってなに?

 
 
菌というと”ばい菌”のように悪いイメージも多々ありますが、実は人にとって良い菌もたくさんいます。

人の腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌が棲んでいて常に勢力争いをしています。

人にとって良い働きをする菌⇒善玉菌が多い状態の時は腸内環境が整えられ便秘予防や免疫力が高められます。
また消化吸収が良くなり逆に老廃物の排出は促されるので美肌やダイエット効果も期待されます。

しかし人にとって悪い働きをする菌⇒悪玉菌が多くなると免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり便秘気味になったり体臭がきつくなったりします。
 

善玉菌を積極的に摂って健康に過ごす事=それが菌活です。

 
 

善玉菌を含む食品

 
 
例えばヨーグルトやチーズ・漬物は善玉菌である乳酸菌の力を利用した食品です。
 

≪カンゾウタケをヨーグルトにインして食べた時の写真≫

①5月24日は菌活の日!最強菌食レシピ『きのこたっぷり納豆汁』

善玉菌が摂れる食品にはこんなものがあります。

乳酸菌:ヨーグルト・チーズ・漬物・乳酸菌飲料など
納豆菌:納豆
酵母菌:日本酒・ビール・焼酎・パン・味噌・醤油など
麹菌:味噌・醤油・日本酒・塩麹・甘酒・鰹節など

 

≪パンも酵母菌の力を利用した発酵食品≫

①きのこパン(味噌クリーム風味揚げパン、4種のきのこ入り)

上記は菌類の”分解する力”を利用して作られた食品ですが、この他に菌そのものを食べる食品もあります。
それが”きのこ”なんです!
 
 

菌はきのこと読む

 
 
『菌』という漢字は通常菌類(きんるい)を表しますが、”菌”一文字でくさびらと読み”きのこ”を表す漢字でもあります。

ちなみに滋賀県にある菌神社(くさびらじんじゃ)はきのこを祀った珍しい神社です。

①神奈川県の会社員が見た天然きのこ Best3【2015年まとめ】

きのこは子実体(しじつたい:みんなが食べているいわゆるきのこの部分)を作る菌類の事で、菌そのものなんです。

きのこは唯一菌を直接食べる最強の菌活食材と言えます!

きのこ詰合せ

という事で今回は菌活の日に食べてほしい、きのこと納豆と味噌をたっぷり使った菌活レシピを考えてみました。
 
 
 
~きのこのじかん菌活レシピ~

きのこたっぷり納豆汁

 

≪材料≫ (4人分)

椎茸:2枚
なめこ:100g
舞茸:100g
えのき:100g
納豆:2パック
絹ごし豆腐:1/2丁
味噌:適量
小ネギ:適量
油:少々
 

≪今回使ったきのこ≫

②5月24日は菌活の日!最強菌食レシピ『きのこたっぷり納豆汁』

※きのこは好みのものに変えていただいて大丈夫です。
 

≪作り方≫

①きのこと豆腐、小ネギをカットします。
・なめこは石突きを切り落とし軽く水洗い
・きのこは食べやすい大きさにカット
・小ネギは小口切り、豆腐はさいの目切りにしておきます。

③5月24日は菌活の日!最強菌食レシピ『きのこたっぷり納豆汁』
 
②納豆はミキサーかすり鉢で粗めのペースト状にします。
(後でミキサーを洗うのが大変だったのですり鉢ですったほうがいいかもしれません)

④5月24日は菌活の日!最強菌食レシピ『きのこたっぷり納豆汁』
 
③鍋に油をひいてなめこ以外のきのこ類を炒めます。

④鍋になめこと水を入れ一煮立ちしてから味噌を入れます。

⑤5月24日は菌活の日!最強菌食レシピ『きのこたっぷり納豆汁』
 
⑤ペーストにした納豆・豆腐を入れすぐに火を止めます。

⑥5月24日は菌活の日!最強菌食レシピ『きのこたっぷり納豆汁』
 
⑥小ネギを散らして出来上がり!

⑦5月24日は菌活の日!最強菌食レシピ『きのこたっぷり納豆汁』

※納豆汁は東北地方でよく食べられている郷土料理をきのこのじかん風にアレンジしたものです。
七味を振って頂くのが本場流!

(レシピ&調理:篠田)
 
 

きのこ・納豆・味噌の相乗効果

 
 
納豆をペースト状にして汁に溶かすのでどうしても匂いがきつくなるんじゃないかな?と思っていたのですがこれが意外と臭くないんです。
味噌が良い感じに納豆の臭みを抑えて美味しい香りに変えているように思います。
 

アミガサタケの炊き込みご飯と一緒に食べました≫

⑧5月24日は菌活の日!最強菌食レシピ『きのこたっぷり納豆汁』

ずずっと飲んでみます。
 

う・・・うめー!!
これは美味い!

 
元々納豆が大好きという事もあるでしょうがこれはいままでのきのじかレシピの中でもかなり上位にランクインする美味しさです。

ダシの出るきのこ、味の強い納豆、それを包み込んで美味しく仕上げる味噌。
この3つの相乗効果でびっくりするほど美味しくなっています。

またなめこと納豆が作り出すとろみもポイント!
食堂で作ったので休憩に来たパートさん達にも振る舞い大好評でした!

もちろんきのこ、納豆、味噌と複数の善玉菌が一度に摂れ菌活もばっちりです。
 
 
菌活の日は5月24日の1日だけですが摂取した菌は数日で体外に排出されるので菌活は毎日続ける事が大事です。
きのこや納豆、ヨーグルトなどの菌類を毎日食べ、健康に過ごすためのきっかけの1日にしましょう!
 
 

菌活レシピ『きのこたっぷり納豆汁』のまとめ

①5月24日は菌活の日
②善玉菌を積極的に摂ることを菌活と言います
③きのこたっぷり納豆汁はびっくりする美味しさの最強菌活レシピ
④菌活は毎日続けることが大事です

 
 



関連商品