春きのこ、アミガサタケを探そう!


 
 

春に生えるきのこ

 
 
きのこは年間を通して栽培されていて今やスーパーや八百屋さんでは一年中きのこを買うことができます。
ありがたいものです!

①春きのこ、アミガサタケを探そう!

『だけど天然ではきのこって秋に生えるんでしょ?』

いえいえ、確かに秋に生えるきのこが多いですが春に生えるきのこもあるんです。
今回は春のきのこの代表格、アミガサタケを探しに行ってきました!
 
 

桜の頃に生えるきのこ

 
 
アミガサタケは桜や銀杏の木の側、山奥より人が集まるようなところに生えることが多いんだそうです。
ということで今回は奥深い山ではなく『ちょこっと散歩』などにぴったりの都内の遊歩道に探しにいって来ました!
 

 

アミガサタケとは・・・

百聞は一見にしかず!
ということでこちらはきのこ盆栽家、渋谷卓人さんが制作した粘土製のアミガサタケです。
リアル~!
 
≪きのこ盆栽のアミガサタケ≫
21春きのこ、アミガサタケを探そう!

ご覧の通りちょっと奇抜な形のきのこで、卵型のカサに網目状に穴がたくさん開いています。
日本ではあまりなじみが無いですが海外ではモリーユ(モレル・Morel)と呼ばれ人気の食材です。

ちなみにトルコから輸入しているフレッシュモリーユの卸価格をちらっと見たら、ポルチーニの2倍くらいの値がついていてビビりました!
高級きのこだなぁ。

 

ちょうど桜がちらほら咲き始めた初春。
アミガサタケは桜と共に見られるようになるきのこと言うことで期待が高まります。

②春きのこ、アミガサタケを探そう!
 
 

アミガサタケを探せ!

 
 
都内できのこが好きなメンバーが集まってアミガサタケハントの開始です。

咲き始めた桜を愛でつつきのこを探していきます。
上ばかり見てると足元のアミガサタケを見逃してしまうかも!

③春きのこ、アミガサタケを探そう!
(桜の写真を撮っているのはきのこ大好き声優の池澤春菜さん。
来ることを知らなくて待ち合わせ場所に行ってびっくりでした!)
 

狙って歩く遊歩道。
こういう道の脇などに生えるそうです。

④春きのこ、アミガサタケを探そう!

・・・

・・・

あ、アミガサでた~!!

⑤春きのこ、アミガサタケを探そう!

歩き始めて5分。
遊歩道の脇、枯れ葉に混じってぴょこっと佇むアミガサタケさんが!
露木は初めて見ました!感動!!
 
 
実は待ち合わせ時間より早めに来て探索していたきのこ女子さんが先に1つ見つけていてくれたのでした。

≪アミガサタケを激撮する第一発見者のきのこ女子コイケハルカさん≫
⑥春きのこ、アミガサタケを探そう!

奇抜なきのこ、と思っていましたがいざ実物を前にすると小ぶりでノスタルジィな雰囲気をたたえていて愛らしいです!
 
≪コイケハルカさんが接写していた写真はこちら≫
⑦春きのこ、アミガサタケを探そう!
 
子供たちと大きさ比較。
『きのこだ~!』

⑧春きのこ、アミガサタケを探そう!
 
アミガサタケは美味しいきのこということで収穫していきます。
地面すれすれにナイフで切り取り、通気性の良いネットや紙袋に入れておきます。

⑨春きのこ、アミガサタケを探そう!
 
1本目を発見したところから数メートル歩いたところで・・・

2本目のアミガサタケも発見!
こちらは1本目に比べてカサが丸っこいです。

⑩春きのこ、アミガサタケを探そう!
 
2本目を発見した前述のきのこ盆栽家 渋谷 卓人さん。
この日は帽子から自作のきのこがニョキ。
『きのこの事を考えすぎて頭からきのこが生えた』のだそうです!

⑪春きのこ、アミガサタケを探そう!
 
良く見たら2本目のすぐ近くにまたアミガサタケがいました!

⑫春きのこ、アミガサタケを探そう!
 
こちらはちょっとくたびれアミガサタケさん。
残業後のサラリーマンのようです。お疲れ様です!

⑬春きのこ、アミガサタケを探そう!
 
結局1本目を見つけた付近で6本のアミガサタケを収穫できました!

並べてもかわいい。
なんかおしゃれ雑貨みたいだ。

⑭春きのこ、アミガサタケを探そう!
 
その後はアミガサタケの生えそうなポイントを狙って歩きまわりましたが発見できませんでした。

なかなか思い通りに見つけられないのがきのこさん。
だから出会えた時のワクワク・ドキドキも大きくてきのこ狩りってハマっちゃうんだろうなぁ。
 
≪きのこ狩りにハマってる人々、収穫したアミガサタケを手に記念撮影≫
⑮春きのこ、アミガサタケを探そう!
(左からきのこ問屋 露木の長男、露木、きのこだいすき声優の池澤春菜さん、キノコ女子 コイケハルカさん、きのこ盆栽家 渋谷 卓人さん)
 
 

アミガサタケ・クッキング!

 
 
さて、せっかく手に入れたアミガサタケ。

⑯春きのこ、アミガサタケを探そう!

どのように食べようかと悩んでいたところ詳しい方にレシピを教えていただきました。

 
アミガサタケはフレッシュで食べるのでしたらバター、オリーブオイルでシンプルにアスパラなどとソテー、パスタが良いと思います。
大量ならクリーム煮も。
フレッシュは食感が良いです。
 
ただ、乾燥の旨味も捨てがたいです。
戻し汁活用でかなりアミガサタケの香りや良さが味わえます。
乾燥アミガサを水で戻し、戻し汁をこします。

この戻し汁にアミガサを入れ水分がなくなるギリギリまで煮詰め、チキンブイヨンで軽く煮て、弱火にして生クリームを入れ仕上げにバター少々と塩コショウで味付け。
このソースを鶏肉のソテーやパスタ、ご飯にかけても美味しいです。

上記のアミガサ煮詰める段階まで同じで炒めた玉ねぎと鶏肉を入れてクリームシチューにしても良いです!

 
うーむ、乾燥のあたりの説明が熱い!
かなりの”きのこ好き熱”が伝わってきます。
教えていただきありがとうございました!
 
 
今回調理するのはアミガサタケ1本ですので、味が分かるようシンプルに小松菜とオリーブオイルでソテーすることにしました。
 
 
きのこのじかんレシピ

アミガサタケと小松菜のソテー

 

【材料】(1人前)

アミガサタケ:1本
小松菜:2株
オリーブオイル:適量
塩コショウ:適量
 

【作り方】

①アミガサタケは石突を切り落としさっと流水で汚れをとります。

②アミガサタケを縦にカットします。

中は空洞になっていました!
この空洞を利用して肉詰めなども出来るんだそうです。
⑰春きのこ、アミガサタケを探そう!

今回は縦に1/4にカットしました。
これでだいたい1口サイズです。
⑱春きのこ、アミガサタケを探そう!

③フライパンにオリーブオイルを熱し、アミガサタケとざく切りにした小松菜をソテーしていきます。

※アミガサタケは生で食べると中毒するそうなのでしっかり加熱します。アミガサタケの量が多い時は全体に火が通るよう湯こぼししてから使用したほうがよさそうです。
⑲春きのこ、アミガサタケを探そう!

④しっかり火が通ったら塩コショウで味付けして出来あがり!
⑳春きのこ、アミガサタケを探そう!
(調理&レシピ:珍しく露木)
 
 

アミガサタケ、どんな味?

 
 
では初アミガサタケ、いただきます!

柔らかすぎず歯切れが良くアミガサタケから濃厚な旨味を感じます。

持ってるきのこ図鑑には『茹でると弾力が出る』と記載されていますが”弾力”とはちょっと違うような?
歯を当てるとぷちっと心地よく切れます。
”茹で”と”炒め”の調理法の違いによるものかもしれません。

かなり美味しいきのこでした!
 
 
1本分はあっという間に食べきってしまいました。
アミガサタケ料理で定番のクリーム煮も試したいし乾燥させてダシも使ってみたい。
ということで出来れば今春、またアミガサタケを収穫しいろんな料理に挑戦したいと思います!
 
 
※アミガサタケを探す際はこちらのサイトが参考になります。

アミガサタケ類2015|togetterまとめ

アミガサタケを見つけた!というツイートが日付、地域情報とともにまとめられています。
近隣地域の発生状況を参考にアミガサタケを探しに行きましょう!
 
 

春のきのこアミガサタケ、のまとめ

アミガサタケは春に生える美味しい食用きのこ。
②山奥より人が歩く遊歩道の脇など身近な場所に生えているケースが多い。
③炒めると歯切れがよく旨味のある美味しいきのこです!

 
 



関連商品