有機原木乾しいたけ香信【国産原木しいたけ】

4086

有機原木乾しいたけ香信【国産原木しいたけ】 (4086)

1袋(35g)

¥820 矢印 ¥820

5袋

¥4,100 矢印 ¥4,050

8袋(送料無料)

¥6,560 矢印 ¥6,400

 
 

愛媛県産の有機原木しいたけ

 
 
愛媛県の山中、標高600メートルの有機JAS認証を取得した圃場で生産者の大野さんが育てた美味しい原木椎茸です。
その中の香信という規格を干し椎茸にしました。

②有機原木乾しいたけ香信【国産原木しいたけ】

香信(こうしん)・・・カサが開いてすこし薄くなったしいたけを乾燥した物。”どんこ”に比べて戻し時間も短くすむためご家庭で使いやすい規格です。
 
 

生産者さんと一緒に有機JAS認証取得

 
 
今回の有機原木乾しいたけの販売にあたり、きのこ問屋では原木しいたけ生産者さんと協力して約1年がかりで有機JAS認証を取得しました。

きのこ問屋バイオコスモは有機の乾しいたけ原料を仕入れて小分けパックにするための有機小分け認証を。
 

≪きのこ問屋社長 市岡 隆司≫

有機JAS認証 バイオコスモ
 
 
愛媛県の大野きのこ山さんにはしいたけを生産するための有機認証と、乾しいたけに加工するための有機認証を取得していただきました。
 

≪大野きのこ山代表 大野 正純さん≫

有機JAS認証 大野きのこ山
 
 
この乾しいたけは大野さんが大事に育てた有機JAS原料を仕入れ、きのこ問屋のパッケージ設備でパックした商品です。

②有機乾し椎茸どんこ【愛媛県産原木椎茸】
 
 

乾しいたけ香信の美味しい戻し方

 
 
①乾しいたけをさっと洗い汚れなどを落とします。

②容器に椎茸を入れひたひたになるまで水をはります。
※戻し汁を料理に使うときはお水を多めにすると良いです。

③乾燥椎茸の正しい戻し方

③容器ごと冷蔵庫に入れ約7時間かけてじっくり戻します。
(肉厚のしいたけは約10時間、薄いしいたけは約5時間が目安です。香信はその中間くらい)

④乾燥椎茸の正しい戻し方
 
 

≪ポイントは5℃の冷水でじっくり戻すこと!≫

しいたけの旨味成分グアニル酸は戻す時の水温で生成される量が変わってきます。
戻して加熱後のグアニル酸量を量ると温水で0.5mg、常温で20mg、冷水では160mgも生成されたというデータがあり、科学的にも冷水で戻した方が美味しいと実証されています。
冷蔵庫に入れておけばちょうど5℃くらいの水温を保つことができます。

 
 

原木しいたけとは

 
 
原木しいたけは適度な長さに切った原木にしいたけ菌を打ち込んで栽培する昔ながらの方法です。
主に山の林内やハウスで栽培されています。
 

≪大野きのこ山さんの圃場≫

③有機乾し椎茸どんこ【愛媛県産原木椎茸】

原木栽培を行うしいたけ生産者は減ってきており原木しいたけは希少な物になりつつあります。
減っている背景には重い原木を運ぶなどの労力が掛かる事、天候や気温に左右されやすく安定供給が難しい事、菌床栽培に切り替える農家さんが増えている事などがあげられます。

しかし原木しいたけ栽培は自然の力を利用して農作物を生産する持続可能な農業で、ゆっくり時間をかけて出来上がった原木しいたけは風味が豊かで歯応えも良くとても美味しいです。
有機JASの原木しいたけを販売することで原木しいたけの素晴らしさを広めていくこともバイオコスモの使命だと考えています。

大野 正純さんの原木しいたけは旨味がしっかりしていて食感もよくプロのシェフにも評価されている、安心品質のしいたけです。
 
 
≪パッケージ写真≫

①有機原木乾しいたけ香信【国産原木しいたけ】
 
 

商品名 有機乾しいたけ 香信
名称 有機乾しいたけ
送料 一律550円(常温)
[北海道は+300円、沖縄+500円]
保存方法 高温・多湿を避け常温で保存
内容量 35g
原材料 有機しいたけ(原木)
賞味期限 360日

※携帯からのお客様は注文フォームのレイアウトが崩れてしまう事がございます。
その際はお手数です画面を横表示にしてレイアウトを見やすく変更して頂ければ幸いです。