きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』


 
 

テレビに出演します

 
 
きのこのじかんで記事を執筆している露木、今度テレビに出演します!
 

2016年5月4日(水) 夜7時56分~8時54分
日本テレビ 1億人の大質問!?笑ってコラえて!

 
放送前なので内容はお楽しみに!とさせていただきますが、もちろんきのこ関係で出演しています。
お時間がございましたらぜひご覧ください!
 

その時にご一緒させていただいた料理研究家できのこマイスターでもある原 真智子さん(通称:まちこ先生)が現場で料理を作ってくれたのですが、材料に使用していた自家製きのこペーストが美味しかったのでレシピを教えてもらい早速作ってみました。

これ、きのこの旨味調味料のように使えて便利ですよ!
 

 

≪原真智子先生プロフィール≫

①きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』
・料理研究家
・ジュニア野菜ソムリエ
・きのこマイスター
・えのき氷インストラクター
香取あぐり広場(まちこ先生のレシピが載っています)
 
 
原真知子先生、通称まちこ先生は数々の資格を持つフードスタイリスト
きのこマイスターでえのき氷の有用性を伝えるえのき氷インストラクターでもあります。
 
最大の特徴は・・・おしゃべりが面白いこと!
元バスガイドさんということで朗らかに面白かったです(笑)
テレビで活躍するまちこ先生をお楽しみに~(^^♪

 
 

えのき氷とは?

 
えのき氷はえのきをペースト状にしてじっくり加熱しキューブ状に冷凍したもので、煮物やスープなどに1~2個ぽんっと入れて使います。

③えのき氷、スープにぽんっでダイエット!【きのこ商品通販】

凍らせることでえのきの細胞が壊れキノコキトサンというダイエット成分が摂りやすくなるため、えのき氷ダイエットがブームとなりました。
もちろんきのこのじかんで販売中です!

【販売ページ】
えのき氷の通信販売「きのこ問屋のおすすめ商品」 | きのこのじかん
 
 
 
~まちこ先生レシピ~

きのこペースト

 

≪材料≫

しいたけ:100g
ホワイトマッシュルーム:100g
ぶなしめじ:100g
えのき氷:4キューブ
にんにく:2カケ
塩麹:大匙2
エキストラバージンオイル:大匙3
塩、胡椒:適量

②きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』

※きのこはお好みのものに変えて使ってもらってOKです。
いろんなきのこの組み合わせを試して旨味の違いを楽しむのもアリですね!
 

≪作り方≫

①しいたけ、ホワイトマッシュルーム、ぶなしめじをミキサーに入れやすい程度に細かくカットします。

③きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』
 
②えのき氷は常温で解凍するかレンジで加熱して溶かしておきます。

④きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』
 
③カットしたきのこ、にんにく、塩麹、溶かしたえのき氷を入れミキサーでペースト状にします。

⑤きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』
 
③フライパンにオイルを入れペーストを焦げ付かないように混ぜながら炒め、塩・胡椒で味を調えます。

⑥きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』
POINT:水分が無くなるまでしっかり加熱しましょう。

 

完成、きのこペースト!

⑧きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』
(レシピ:原真智子先生 料理:篠田万紀)
 
 
ちなみに・・・
きのこは料理する前に30分くらい日光浴させました。
こうすることでビタミンDが増えるんです。

⑦きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』
 

 

≪まちこ先生コメント≫

 
きのこペーストはスティック野菜や温野菜のディップソースにお薦めですが、調味料としても使えます。
友人たちの試食では『スパゲティに和えると良いわね』との声が多数でした。
 
ご家庭で作る際はえのき氷をえのき茸に、塩麹を塩に置き換えても良いでしょう。
その場合、水分が無いとペースト状にならないので撹拌できるように適量の水を加えます。
お好みで七味唐辛子を加えても良いでしょう。

レシピですのできのこ量を書いてはいますが大雑把に言いますと、フードプロセッサーの回り加減を見ながら数種のきのこをポンポン入れ込んで。
水分がないとペースト状になりませんので、旨みの塩麹と私が”えのき氷インストラクター”ですのでえのき氷も加えてある訳です。

③エノキ茶ダイエットを始めよう!送料無料、初回サービスの『お試しエノキ茶』

きのこペーストは冷めても美味しいですが出来たては別格の甘さ
あまりの甘さにすぐ無くなっちゃいますので味見のし過ぎに要注意!

 
 
複数のきのことえのき氷、塩麹を材料に使っていて、どれも菌食で体に良さそうです!
まさに菌活食材

せっかく作ったきのこペースト、なにか料理に使いたい。
ということで営業事務の篠田にきのこペーストを入れたラビオリを作ってもらいました。
 
 
 
~きのこのじかんレシピ~

きのこラビオリ(餃子の皮のラビオリ風)

 

≪材料≫3~4人前程度

きのこペースト:大匙4
アスパラ:4本
餃子の皮:1袋(25枚)
塩、胡椒:適量
 

≪作り方≫

①アスパラを細かく刻みます。
②アスパラを油で炒めきのこペーストと合わせ、塩胡椒で味を調えます。

⑨きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』
 
③あら熱がとれたら餃子の皮で包みます。

⑩きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』
 

 ≪包み方≫

1.餃子の皮の真ん中に具を載せて。
⑪きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』
 
2.半分に折って、頭をちょこんと折り返します。
⑫きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』
 
3.折り目と反対方向に端と端を少し水で濡らしてくっつけます。
⑬きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』
 
これでラビオリっぽく包む事が出来ます。
⑭きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』

 

④包んだラビオリを湯たっぷりの鍋で茹で、皮が透き通ってきたら出来上がり!

⑮きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』

※お好みでトマトソースやクリームソースをかけても美味しいです。

(料理&レシピ:篠田万紀)
 
 

きのこラビオリ 風味がぎゅっ!

 
 
今回は市販のトマトソースをかけてみました。
ペースト自体に味がしっかり付いているので、ソースをちょこっとつけるくらいで充分。
正直ソースが無くても食べられるくらいでした!

⑯きのこペーストの作り方と活用レシピ『きのこラビオリ』

一口食べるときのこの旨味がガツンと感じられます。
そこにアスパラのシャキシャキした食感がアクセントになっていて美味しい。
餃子の皮なのでそのまま鍋やスープで水餃子のようにしても使えます。
 
 
いやー、まちこ先生のきのこペースト、他にもいろいろ使い道ありそうです!
たとえばカレーを作るときに隠し味に足したり、卵焼きを作るときにきのこペーストをちょっと足してきのこ風味の卵焼きにしたりなんてのも良いですよね。
 
 
まちこ先生と露木も出演する笑ってコラえては2016年5月4日(水)夜7時56分~です。
きのこのじかんでよく登場していただくきのこ女子のコイケハルカさんと”きのこ中学生”で有名な和田匠平くんともご一緒させていただきました。

露木は『きのこ汁の歌』を熱唱したのですが、カットされてなければ流れるはず!

きのこ汁の歌(露木)

どんな編集になっているかわからないのでコワゴワ、ドキドキですが露木は初地上波出演なので楽しみです♪
お時間のある方はぜひご覧くださいませ~!
 
 

きのこペースト・レシピ!のまとめ

①きのこペーストは数種類のきのことえのき氷、塩麹で作る菌活調味料。
②ディップソースにしたりスパゲッティソースに混ぜ込んだり調味料のように使えます。
③きのこペーストは冷めても美味しいですが出来たては別格の甘さ。味見のし過ぎに要注意!

 
 



関連商品