野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!


 
 

きのこ食育イベントに参加してきました

 
 
先日『きのこの食育ワークショップ』に参加してきました!

①野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
(クリックするとパンフレットのPDFが開きます)
 
”きのこの食育ワークショップ”と一口に言ってもきのこの食育講座お子さん達のきのこを使った料理教室の他放射能の専門家による福島のシイタケ農家さんの事例などを紹介した放射能講座リスクコミュニケーションのディスカッションなどなど。
きのこあり、放射能のお勉強あり、料理教室ありのトータル4時間・内容てんこ盛りのイベントでした。
 

≪きのこの食育講座≫

②野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
 
≪参加者の方達はとても勉強熱心でした≫

③野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
 
≪きのこを使った料理教室あり≫

④野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
 
≪食後のきのこ釣りゲーム、なかなか白熱しました!≫

⑤野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
 

僭越ながらきのじかスタッフの露木はイベント冒頭のアイスブレイクとしてきのこの話をさせて頂きました。

⑥野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
 
≪きのこの歌もばっちり歌ってきました♪≫

⑦野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!

イベントにご参加いただいた方、主催でもあり今回お声かけいただいたキッチンの科学プロジェクト代表の金子浩子さん、ありがとうございました!
 
 
イベント詳細はキッチンの科学プロジェクト様のページを参照ください。

【開催報告】3/3きのこの食育ワークショップ
【イベントレポ】2/12きのこの食育ワークショッップ
 
 

野菜ソムリエ 加野さんの料理教室

 
 
きのこを使った料理教室パートでは野菜ソムリエの加野 有美さんが子供たちと調理を担当してくださいました。
 

≪加野 有美さん≫
⑧野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!

野菜ソムリエプロ
食育インストラクター
恵比寿子どもキッチン主催
手軽においしいレシピコンテスト特別賞受賞(伊藤園主催)
韓国食品アレンジレシピコンテスト優秀賞受賞(韓国農水産食品流通公社主催)

365market 加野 有美(かのゆみ)さんのページ

 
 
加野さんは普段から料理教室の講師もしているそうで、お子さんに教えながらもテキパキと調理をこなしちょうどお腹が好くころに出来上がるきのこ料理たち。
うーん、グッドタイミング。

⑨野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!

⑩野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
 
今回のメニューはきのこたっぷりの炊き込みご飯シイタケの和風肉詰め、細かく刻んだきのこがたっぷり入った優しい風味の豆乳味噌ポタージュの三品。

⑪野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
 
どれもとても美味しく、きのこの旨味がしっかり感じられるスープは胃に優しい感じがして数杯おかわり。
シイタケの肉詰めは肉厚のシイタケを使用しているので満足感が高くボリューミー、あんまり美味しのでパクパク食べちゃいました!

⑫野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
 
この料理はぜひきのこ好きさん達に広めたいと思い加野さんに相談しレシピの掲載許可を頂きました。
さっそくご紹介させていただきます。
 
 
 
野菜ソムリエ 加野さんのレシピ

シイタケの和風肉詰め ~さっぱり仕立て~

 

≪材料≫4人分

シイタケ:12枚
鶏ひき肉(もも肉):300g
タマネギ:1/2個
長ネギ:1/2本
タケノコ:50g
ショウガ(みじん切りにしたもの。チューブでも可):小さじ1/2
塩:3g
片栗粉:大さじ1
油:大さじ1
ポン酢:お好みで
★砂糖:小さじ1
★しょうゆ:大さじ1
★コショウ:適量
 

きのこ問屋の冷蔵庫から菌床シイタケを12枚チョイスしてきました。
1枚めちゃくちゃ大きいのがあったのでこれも使っちゃいます!

⑬野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
 

≪作り方≫

①タマネギ、長ネギ、タケノコを粗めのみじん切りにします。

②ボウルに鶏ひき肉を入れ塩を振りよくこねます。

③みじん切りにした材料とショウガを入れよく混ぜ合わせます。

⑭野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!

④★の調味料を加えさらによく練り馴染ませます。

⑤シイタケの軸を外します。包丁で切っても手でちぎっても大丈夫です。

⑮野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
※シイタケの軸はダシとりやつくだ煮などにも出来るのでぜひ捨てずに使って下さい。
【参考記事】しいたけの軸は捨てずに冷凍!
 

⑥シイタケをバットに並べ片栗粉をまぶします。

⑯野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
 
⑦シイタケの内側(ヒダ側)に④のタネを詰めます。目安としてシイタケのカサ厚の2倍くらい、盛るようにしっかり詰めます。

⑰野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
 
⑧フライパンに油をひき中火でお肉の面から焼いていきます。

⑱野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
 
⑨焼き跡が付いたらひっくり返しシイタケの面も焼いたら、水をフライパンの1/5程度の高さまで注ぎ蒸し焼きにします。

⑲野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!
 
⑩しっかり火が通ったら出来上がり!

(レシピ:加野 有美さん、調理:篠田 万紀)
 

≪野菜ソムリエ 加野さんのポイント≫

きのこの美味しさをダイレクトに味わえボリューム感がある肉詰めです!
この肉詰めは長ネギとタケノコを使用し、ネギの甘みとタケノコの食感がポイント。
またアレルギーの方も食べていただけるよう、繋ぎに卵や小麦粉は使用せず、片栗粉でお肉の旨味を閉じ込めました。
シイタケとお肉の接着剤がわりにも片栗粉を使用しています。
この時、沢山ふりかけ過ぎず、うっすら粉が乗るくらいにしてくださいね!

鶏ひき肉はもも肉のほうがジューシーに仕上がりますが、時々もも肉が売ってないこともあるので、もも肉、ムネ肉の合挽きなどでも大丈夫です。

 
 

主役を張れるシイタケ料理

 
 
出来上がったシイタケの肉詰め。
見た目はハンバーグみたい!ボリューム感があります。

⑳野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!

どうしてもきのこというと沿え物や脇役に回りがちですがこの肉詰めは間違いなく主役を張れる逸品!
それでは早速食べてみます。
 
うん、美味い!!

ちゃんとイベントで食べた味が再現出来ていると思います。
これこれ、この味!
 
まずはお肉の旨味が先に舌に感じられ、後からシイタケの風味が追いかけてきます。
肉詰めの中で粗めにカットしたネギやタケノコの食感が楽しい。

ひき肉は鶏ひき肉を使っていますが、これがまたパサつきもなくとっても美味。
野菜ソムリエ 加野さんの研究の成果でしっかり裏付けされているレシピだと感じられます。
 

≪左:一番大きかったシイタケの肉詰め≫

21野菜ソムリエさん直伝、卵も小麦粉も使わないシイタケの和風肉詰めが絶品でした!

加野さんからのコメントで
お肉にしっかり味がついているので、まずはそのままお肉と椎茸の食感を楽しんで!
ポン酢はお好みでかけて、さっぱりした味の変化を食べ比べてみるのも美味!

とのことでした。
 
 
実はシイタケは子供の嫌いな野菜の上位に入ってしまう事も多いのですが、イベントではほとんどのお子様達もこの肉詰めは食べられていました。
お肉の旨味が先に来るので食べやすいのかもしれません。

お子さんにシイタケを食べさせたいお母さんもぜひ一度このレシピをお試しください。
 
 

シイタケの和風肉詰め、のまとめ

①このシイタケの肉詰めはボリューム感があり主役級の美味しさ!
②肉詰めのネギの甘みとタケノコの食感が美味しさのポイント。
③つなぎに卵も小麦粉も使っていないためアレルギーの方でもお召し上がりいただけます。

 
 



関連商品